ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年3月3日
リ本1010

バックライトの効率的コントロールにより年間消費電力量を削減

三菱液晶テレビ「REAL」MXシリーズ新製品発売のお知らせ

印刷用ページへ

三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、液晶テレビ「REAL」MXシリーズの新製品として、年間消費電力量※1を当社従来の同型機よりも削減した液晶テレビ3機種を3月15日から順次発売します。番組本編からCMに変わる時や入力ソースを切り替えた時に変化する音量を自動調整する「おすすめ音量」機能など、使い勝手に配慮した豊富な機能も搭載しています。

  • ※1:平成20年度改正省エネ法に基づき、型サイズや受信機の種類別省エネガイドの算定式により、一般家庭での平均視聴時間(4.5時間)を基準に算出した1年間に使用する電力量の目安

発売の概要

商品名 形名 希望小売価格 発売日 当初月産台数
地上・BS・110度CSデジタルハイビジョン
液晶テレビ「REAL」
32V型 LCD-32MX45 オープン 3月15日 10,000台
LCD-32MX40 10,000台
26V型 LCD-26MX45 3月31日 5,000台

発売の狙い

液晶テレビ市場は、リビングユースの大型モデルを中心に需要伸長が顕著である一方、寝室や書斎などのパーソナルユース、さらには2台目向けとして、中・小型モデルにおいても本格的需要期を迎えています。2009年度はエコポイント制度の効果もあり、前年比約150%(当社予測)と大幅な伸長で推移しており、2010年度もエコポイント制度の継続や2011年アナログ停波前の需要喚起により、引き続き好調な需要が見込まれます。

当社は今回、本格的需要期を迎える中で省エネ性と使い勝手に対するニーズが高まっている中・小型モデルゾーンへの対応として、年間消費電力量を削減し、入力ソースを切り替えた時などに変化する音量を自動調整する「おすすめ音量」機能など、使い勝手に配慮した豊富な機能を搭載した液晶テレビ「REAL」の新製品を発売します。


新製品の特長

  1. 年間消費電力量をさらに削減

    高効率バックライトの採用で消費電力の少ない「ECOパネル」を搭載しています。今回、バックライトの効率的コントロールで、年間消費電力量を当社従来の同型機よりさらに削減※2しました。

    また、省エネ効果を画面上で確認できる「ECOメーター」「ECOモニター」のほか、「明るさセンサー」や「ECO画質モード」などの「7つの省エネ設計」により、省エネに貢献します。

    • ※2:LCD-32MX45とLCD-32MX35、LCD-32MX40とLCD-32MX30、LCD-26MX45とLCD-26MX30各々の比較
  2. 「おすすめ音量」など、使い勝手に配慮した豊富な機能を搭載
    • (1)番組本編からCMに変わる時や入力ソースを切り替えた時に変化する音量を安定した音量に自動調整する「おすすめ音量」機能を搭載しました。
    • (2)リモコン操作でテレビ画面が左右に振り向く「オートターン」機能を搭載※3しました。
    • (3)電子番組表の番組タイトルなどを音声で知らせる「しゃべるテレビ」機能を搭載しました。
    • ※3:LCD-32MX40を除く
  3. 「DIAMOND Engine[」搭載による鮮明な映像と、DIATONE音響技術によるクリアで臨場感のある高音質

    高画質回路「DIAMOND Engine[」の搭載により、ノイズの少ない滑らかで鮮明な画質で、さまざまな映像を最適に再現します。また、当社が培ってきたDIATONE音響技術をベースに開発した「DIATONEリニアフェイズ」回路などの搭載により、よりクリアで臨場感のある高音質を実現しました。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 三菱電機お客さま相談センター

TEL: 0120-139-365

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。