ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年3月18日
社会1006

国内屋外野球場最大の映像装置

クリネックススタジアム宮城の右中間スタンドに大型映像装置(オーロラビジョン)設置完了のお知らせ

印刷用ページへ

株式会社楽天野球団(代表取締役社長:島田 亨)が東北楽天ゴールデンイーグルスのホームスタジアム「クリネックススタジアム宮城」の右中間スタンドに1月下旬より導入を進めていた三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)製の大型映像装置(オーロラビジョン)が、このたび設置を完了しました。このオーロラビジョンのスクリーンサイズは高さ約16.3m、横約20.6m、面積約336.8m2と従来(高さ6m、横8m面積48m2)の約7倍の大きさで、国内の屋外野球場では最大の映像装置となります。

楽天野球団は、2007年に日本の野球場では初めてとなるリボン状の映像装置リボンビジョン(三菱電機製オーロラリボン)をクリネックススタジアム宮城に設置し、その後2009年にも日本の野球場で初めてのバックネット映像装置T-LED(三菱電機製オーロラビジョン)を設置してきました。

今回、さらにダイナミックで臨場感溢れる観戦環境を実現するため、右中間スタンドに国内最大級の映像装置を新設することとし、これまでの実績と優れた映像装置技術を持つ三菱電機のオーロラビジョンを、採用しました。設置したオーロラビジョンは高輝度LED※1を発光素子に用いたドットピッチ15mmの高精細タイプでハイビジョン映像を映し出すことができます。

楽天野球団では本オーロラビジョンの運用を本年3月27日の開幕戦に開始し、既存のスコアボードやリボンビジョン、T-LEDと表示を連携させて、ファンの皆様とともに楽しい観戦空間を構築するスタジアム全体で試合を盛り上げます。

  • ※1:LED:Lighting-emitting diode(発光ダイオード)

主な仕様

名称 右中間スタンド大型映像装置
三菱電機製品名 オーロラビジョンLED
スクリーンサイズ 高さ16.32m×横20.64m(約336.84m2
型数 1,036型
発光素子 高輝度LED方式【R(赤)・G(緑)・B(青)】
絵素構成
画素数 1,497,088ドット(縦1,088ドット×横1,376ドット)

クリネックススタジアム宮城向けの三菱電機大型映像装置納入実績

名称 三菱電機製品名 表示内容 大きさ 納入
リボンビジョン オーロラリボン ファンサービス・
イベント演出・広告
高さ0.96m×長さ94.08m 2007年
高さ0.96m×長さ30.72m×2台 2008年
T-LED オーロラビジョン 高さ約1.9m×横最大約5.2m、
メイン部横約2.1m(「T型」形状)
2009年
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 社会環境事業部 施設環境部

TEL: (03)3218-4666 FAX: (03)3218-4677

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。