ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年3月29日
FA1003

高解像度で見やすく片手で持ちやすいハンディタイプ

三菱 プログラマブル表示器 6.5型高解像度ハンディタイプ発売のお知らせ

印刷用ページへ

三菱電機株式会社(執行役社長:下村 節宏)は、生産ラインの状態表示や設定・操作、監視などを行うプログラマブル表示器「グラフィックオペレーションターミナル(GOT)1000シリーズ」の新製品として、6.5型の高解像度でEthernet接続にも対応した、ハンディタイプのGT16ハンディGOT「GT1665HS-VTBD」を4月1日に発売します。

発売の概要

製品名 型名 仕様 標準価格 発売日 販売目標
GOT1000シリーズ
GT16ハンディGOT
GT1665HS-VTBD ハンディタイプ、6.5型VGA、
TFTカラー、65,536色表示、
Ethernet、USB、RS-232、
RS-422/485、ユーザメモリ15MB
250,000円
(税抜き)
4月1日 2010年度
1,000台

発売の狙い

プログラマブル表示器は、生産ラインの状態表示やアラーム表示、機器の設定や操作などのマンマシンインターフェースとして、多くの現場で活用されています。

当社のプログラマブル表示器GOT1000シリーズは、2004年の発売以来、半導体、液晶、自動車業界などはもちろん、さまざまな分野で広く使用されています。ハンディタイプGOTは、可搬式で操作性が高いことから、多くのお客様よりご好評をいただいております。

近年は、生産ラインの大型化、多機能化により、GOTが扱う項目も増加・複雑化が進み、これまでスタンドアロンで使用することが多かったハンディタイプのGOTにも機能の増強とネットワーク対応が求められるようになってきました。

当社は今回、据置型の最上位モデルGT16に準じた機能をもった高解像度のハンディタイプを発売します。


新製品の特長

  1. 6.5型VGAの高解像度画面で視認性を向上

    画面サイズを従来の5.7型※1から6.5型に広げ、VGA(640×480ドット)の高解像度と、65,536色の色彩表示能力で、操作時の視認性が向上しました。機能は最上位モデルGT16シリーズに準じた各種機能を搭載しています。

    • ※1:GT1155HS-QSBD及びGT1150HS-QLBD。5.7型QVGA(320×240ドット)
  2. 片手で持ちやすいデザインで快適な操作を実現

    人間工学にもとづき片手で持ちやすいグリップと重量バランスにしているので、長時間の操作も快適に行えます。また、グリップの角度を調整して画面の向きを変更でき、操作性が向上しました。

  3. 大規模生産ラインに対応できる遠隔操作を実現

    従来のシリアル接続に加え、Ethernet接続に対応しているので大規模な生産ラインでも最大100m離れた所から遠隔操作できます。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 機器事業部 機器計画部 制御システムグループ

TEL: (03)3218-6610 FAX: (03)3218-6823

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。