ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年4月7日
社会1010

東京都水道局にオゾン高度浄水設備を初納入

東村山浄水場向け オゾン高度浄水設備納入のお知らせ

印刷用ページへ

三菱電機株式会社はこのたび、東京都水道局の東村山浄水場(東村山市美住町)向けオゾン高度浄水設備を当社として東京都に初めて納入しましたのでお知らせします。

概要

1960年に竣工した東村山浄水場は、利根川・荒川水系と多摩川水系を水源とする浄水場で、都内四大浄水場(朝霞、金町、東村山、三郷)の一つです。東京都ではより安全でおいしい水を供給することを目的に高度浄水施設整備事業を進め、オゾン高度浄水設備の導入促進を行っており、今回東村山浄水場にオゾン高度浄水設備を設置するものです。東村山浄水場のオゾン設備は、南北の2系統のオゾン接触槽にそれぞれ2台ずつの合計4台を設置し、東京都水道局では初めての酸素を原料としてオゾンを生成し、下降管方式で水とオゾンを接触させます。オゾン処理でカビ臭の除去(脱臭)、脱色などの水質改善が行われ、また、殺菌効果が高いため消毒用塩素の使用を最小限に抑えることができるのでカルキ臭が少なく、人体や環境への負荷を軽減できます。

このオゾン高度浄水設備の完成で、より安全でおいしい水の供給が可能となります。

オゾン発生装置について

オゾンは、塩素に勝る強力な殺菌力を持ちながら処理後には無害な酸素に戻るため、環境への負荷が低く、脱臭・脱色効果にも優れており、浄化効果が高く環境にやさしい浄水施設が構築できます。

当社は、1968年にこのオゾンを発生させるオゾナイザの国内販売を開始して以来、約40年にわたる歴史と、国内上下水道分野を中心として1600台以上の納入実績を持っています。


納入したオゾナイザの仕様

項目 仕様
台数 2台×2セット(4台)
方式 円筒多管式
オゾン発生量 1時間当たり23kg
最大オゾン濃度 120g/Nm3
オゾン化酸素量 192Nm3/h
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 社会環境事業部 社会システム第一部

TEL: (03)3218-2579 FAX: (03)3218-2893

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。