ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年5月18日
生産1001

全ての事業活動での配慮と、積極的な行動による貢献

三菱電機グループ「生物多様性行動指針」制定

印刷用ページへ

三菱電機株式会社は、これまでに取り組んできた地球温暖化防止、循環型社会形成に向けた環境活動に「生物多様性」の視点を加えた「生物多様性行動指針」を制定しました。当社グループ企業全ての事業活動で、生物多様性に配慮し、持続可能な社会の発展に貢献していきます。

生物多様性行動指針

【資源と調達】

鉱物・燃料・植物等の天然資源をグローバルに調達・利用していることを認識し、国内外で生物多様性に配慮したグリーン調達を推進します。

【設計】

社会に提供する製品・サービスの設計において、資源の有効活用、エネルギーの効率利用、環境リスク物質の排出回避を図ります。

【製造と輸送】

工場・倉庫の建設等、土地利用の新規開始や変更時にはその土地の生物多様性の保全に配慮します。製造や輸送時のエネルギー使用、廃棄物発生および化学物質排出を極小化します。

【販売と使用、保守】

製品・サービスの販売にあたっては、使用と保守における生物多様性との関わりをお客様にご理解いただけるように努めます。

【回収とリサイクル】

リサイクル技術を積極的に開発し、回収された使用済み製品への適用を図ります。

【理解と行動】

私たちの生活の持続性と生物多様性との関わりを理解し、積極的かつ自発的に自然との共生のために行動します。

【連携】

海外を含むグループ企業全体で、地域の方々、NGO、行政と連携し活動します。


具体的な活動事例

  1. 生物多様性に配慮したグリーン調達の推進
    • 資源や資材の調達と生物多様性との関連を当社グループ「グリーン調達基準書」※1で解説
    • 生物多様性に配慮した調達を進めるために行動指針を「グリーン認定制度」※2に反映
    • ※1:環境に配慮した資材調達を進めるための当社グループの調達ガイドライン
    • ※2:サプライヤー様が三菱電機グループで定める認定基準に達しているかを判定、認定する制度
  2. 大規模・高純度プラスチックリサイクルへの取組み
    • 使用済み家電製品から回収されたプラスチックを再び製品に使用
    • プラスチックの「回収量」「再生品質」の向上に向けた取組み強化
  3. 全従業員の理解と行動、地域とのコミュニケーション推進
    • 事業所地域の自然環境と事業活動との関連を自覚するとともに、地域への情報発信と自らの行動につなげる「生物多様性との関わりMAP」を作成
    • 「里山保全プロジェクト」、社員とその家族、地域とともに自然に親しむ「みつびしでんき野外教室」など、環境マインドの育成と自然保護活動を継続、拡大
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 環境推進本部 企画グループ

TEL: (03)3218-9024

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。