ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年6月17日
FANo.1007

マイクロシーケンサ「MELSEC-F」の販売台数が累計1000万台を突破

印刷用ページへ

三菱電機株式会社は、小型装置や生産システムの制御を行うマイクロシーケンサ「MELSEC-F」の販売台数が、このほど累計1000万台を突破したのでお知らせします。

マイクロシーケンサ「MELSEC-F」について

マイクロシーケンサは、包装機械、印刷機、搬送機、食品加工機械、プレス、成型機などの小型装置や小規模の生産システムを制御する製品です。1981年に当社が国内販売を開始した「MELSEC-F」は電源、I/O、CPU、プログラムメモリーをすべて内蔵し、それまでのリレー制御に比べ制御内容をプログラムするのが簡単で、変更や拡張への対応も容易な点が評価され、年々販売台数を拡大してきました。2004年には処理速度、機能、拡張性を大幅に向上した「FX3シリーズ」を発売し、順次ラインアップを拡充して、現在ではファクトリーオートメーション(FA)分野からアミューズメント分野に至るまで、さまざまな用途でご使用いただいております。

 海外には1982年に欧州で販売を開始し、続いて1985年には中国での販売を開始するなど世界規模で販路を広げ、現在では海外販売が売上の半数以上を占めています。

 今後も主力機種である「FX3シリーズ」を中心に「MELSEC-F」の品ぞろえを拡げ、各種機器や生産システムの自動化と省力化に貢献してまいります。

お問い合わせ

報道関係からのお問い合わせ先
 三菱電機株式会社 広 報 部
 電話(03)3218-2332/Fax(03)3218-2431

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。