ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年9月7日
社会No.1020

名古屋市 鍋屋上野浄水場向け太陽光発電システム納入のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、名古屋市上下水道局の鍋屋上野浄水場(名古屋市千種区)向けに191kWの太陽光発電システムを納入しましたのでお知らせします。

概要

 鍋屋上野浄水場は名古屋市で最初に作られた浄水場で、1914年から運用を開始しその後の拡張で現在は1日あたり29万tの給水能力を持っています。このほか鍋屋上野浄水場は、24時間体制で市内各所にある配水場・ポンプ所をコンピュータで集中管理して配水池の貯水量や配水圧の調整を行うとともに、停電時には他の配水場に切り替える配水場連携運転も行います。
 名古屋市上下水道局では中期経営計画の中に環境に配慮した事業運営を掲げており、その取り組みの中で費用対効果および環境保全効果の高い新エネルギー・新技術の積極的な導入を図っています。今回、鍋屋上野浄水場に191kWの太陽光発電システムを導入したのもその一環で、計191kWの太陽電池モジュールを設置して、浄水場内の運転電力の一部として使用します。この太陽光発電で年間約192MWhの発電電力が期待され、CO2換算で年間約91tが削減できます。
 三菱電機は日本の太陽光発電設備メーカーの中で唯一、太陽電池モジュールやパワーコンディショナなどの主要製品すべてを製造し、パワーコンディショナのキーパーツであるパワー半導体も自社で製造しています。
 当社は今後も、公共産業用分野での太陽光発電システムの拡販をしていきます。
※: 中部電力レポート2010 地球温暖化防止より 中部電力発電電力1kWhあたりのCO2排出量を0.474 kgとして電力削減量から計算

納入した太陽光発電システムの概要

設置個所 太陽光モジュール設置
(枚数・容量・面積)
パワーコンディショナ 稼働時期 期待年間
発電電力
急速ろ過池の覆蓋 無鉛はんだ
太陽電池モジュール
768枚、
146kW、約1,090m2
50kW(三相)×2台
40kW(三相)×1台
30kW(三相)×2台
2010年
9月14日
約192MWh
設備棟の屋根 無鉛はんだ
太陽電池モジュール
240枚、
45kW、約340m2

お問い合わせ先

愛知県内のお客様

 三菱電機株式会社 中部支社 社会システム部

 〒450-8522 名古屋市中村区名駅3-28-12

 電話052-565-3288  FAX 052-565-3104


その他のお客様

 三菱電機株式会社 社会環境事業部施設環境部

 〒100-8310 東京都千代田区丸の内2-7-3

 電話03-3218-4666  FAX 03-3218-4677

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。