ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年9月9日
社会No.1021

日本空港ビルデング 羽田空港旅客ターミナルビルに1,246kWの太陽電池モジュールを納入

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社はこのたび、日本空港ビルデング株式会社(代表取締役社長:鷹城 勲)が管理をする羽田空港旅客ターミナルなどの屋根に設置する無鉛はんだ太陽電池モジュール7,946枚(約1,246kW)を納入しましたのでお知らせします。

納入の概要

 日本空港ビルデングでは、「地球環境保全に貢献するという社会的責任を果たす」として、CO2削減に取り組んで2004年より羽田空港ターミナルへのグリーン電力導入や空調・照明対策などを進めています。今回、自然エネルギーを活用して作り出した電力を旅客ターミナルと駐車場で利用し、羽田空港におけるCO2排出量の削減を目的として出力数約1,246kWの太陽光システムが設置されましたが、当社はテニスコート36面分に相当する約9,411m2の太陽電池モジュール全数7,946枚を納入しました。稼働後は年間約1,157MWhの発電電力が期待され、この電力によるCO2削減量は年間約364 tの見込みです。

 当社は1996年に住宅用太陽光発電事業に参入し、2003年には国内ではじめて無鉛はんだ太陽電池モジュールの量産を開始しました。今回の羽田空港旅客ターミナルでは、当社太陽電池モジュールの環境配慮や品質・信頼性、太陽光システムの納入実績などが評価されて採用にいたりました。今後も、製品ラインアップを強化して、公共・産業用途の拡大をめざします。
※: 平成18年度版太陽光発電協会(JPEA)の表示に関する業界自主ルールに基づき1kWhあたりのCO2削減量を0.3145kgとして計算

主な仕様

設置箇所 設置太陽電池
モジュール
設置面積 設置容量 期待年間
発電電力
稼働時期
第一旅客ターミナル
ビル屋上(4ヵ所)
190W×4,366枚 約6,207m2 829.54kW 約757MWh 2010年
9月
第二旅客ターミナル
ビル屋上(2ヵ所)
190W× 880枚 約1,251 m2 167.2 kW 約163MWh
P4本格立体駐車場
屋上(1ヵ所)
92.5W×2,700枚 約1,953m2 249.75kW 約237MWh
合計 7,946枚 約9,411 m2 1,246.49kW 約1,157MWh
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 社会環境事業部 施設環境部

TEL: (03)3218-4606 FAX: (03)3218-4677

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。