ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年9月17日
電力No.1006

九州初かつ民間初の重粒子線がん治療施設

佐賀国際重粒子線がん治療財団の重粒子線がん治療装置を受注

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、公益財団法人 佐賀国際重粒子線がん治療財団(佐賀県鳥栖市)から、炭素イオンを使用する重粒子線がん治療装置を受注しました。

 国内にある重粒子線治療装置3基はすべて当社が製造したもので、4基目となる本装置は九州では初、また、民間施設でも国内初の設置となります。

サガハイマット完成予想図(西方向から見たイメージ)

サガハイマット完成予想図(西方向から見たイメージ)

佐賀国際重粒子線がん治療財団と受注の概要

 佐賀国際重粒子線がん治療財団は、重粒子線によるがん治療を通じて、安心、安全な医療を提供し、佐賀県内はもとより、国内外における医療・福祉の向上とがん治療の進歩・発展を図り、「がん撲滅」に寄与することを目的として設立された公益財団法人です。

 今回設置場所となるサガハイマット(九州国際重粒子線がん治療センター)は、九州で初めて、また民間では日本で初めて開設する重粒子線がん治療施設で、佐賀国際重粒子線がん治療財団と施設の整備運営を行う九州重粒子線施設管理株式会社がプロジェクトを推進しています。また、開設にあたっては、経済界、医療界、大学、行政が連携し、産学官共同でプロジェクトを支援しています。

 当社は、このサガハイマットに整備する重粒子線がん治療装置の納入会社として選定され、製造請負契約を締結しました。

 2010年より製作を開始し、2013年春に稼働開始予定です。

製品名 医療機器製造
販売承認番号
仕様 照射室 対象がん
粒子線治療装置
(炭素イオンタイプ)
22200BZX
00233000
ビーム種 :炭素線
主加速器 :シンクロトロン
水平/垂直照射室
水平/45°照射室
脳腫瘍および固形がん
お問い合わせ先
三菱電機株式会社
 原子力・医療システム事業部 先端・医療システム部

TEL: (03)3218-2466 FAX: (03)3218-9027

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。