ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年10月25日
開発No.1017

チタンに匹敵する高伝搬速度と、紙と同等の内部損失を両立

NCV高音質スピーカー振動板を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、カーボンナノチューブを樹脂に配合した射出成形可能な新材料により、金属製振動板に匹敵する高い伝搬速度、紙製振動板と同等の適度な内部損失、高い生産性をあわせもつNCV高音質スピーカー振動板を開発しました。これにより低音用から高音用のスピーカー振動板の素材を統一することが可能となり、音質が統一された、音源により近い音の再生を実現します。

NCV:Nano Carbonized high Velocity

@中低音用振動板

A高音用振動板

振動板用材料の伝搬速度と内部損失の関係

主な開発内容

1. 金属製振動板に匹敵する高伝搬速度、紙製振動板と同等の適度な内部損失を両立
・ カーボンナノチューブと数種類の樹脂を最適配合した新材料を開発
・ 金属製振動板に広く使用されるチタンに匹敵する毎秒5000m以上の高い伝搬速度
・ 高伝搬速度を持つ素材では実現が困難であった、紙製振動板と同等の適度な内部損失を実現
2. 統一感のある音源により近い音の再生
・ 一種類の振動板材料で高音用スピーカーとしても低音用スピーカーとしても音を正確に再生
・ 振動板材料が異なるスピーカーでは実現できない、全音域で統一感のある音質を実現

今後の展開

 NCV振動板を使用したスピーカーシステムは、今後、自動車向けや家庭向けの、音響製品やAV製品への適用を検討していきます。

商標関連

 NCVは、現在、商標登録申請中です。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 業務部 広報・宣伝グループ

FAX: (06)6497-7289

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。