ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2010年11月4日
自動車No.1005

モーター、コントローラー一体型世界最小・最軽量

電動パワーステアリング用「次世代モーターコントローラーユニット」開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、自動車の燃費を向上する電動パワーステアリング用の駆動機器として、世界最小・世界最軽量※1の次世代モーターコントローラーユニットを開発しました。

※1: 2010年9月末日現在 当社調べ

次世代モーターコントローラーユニット

開発品の特長

1. 世界最小・最軽量を実現
・ コントローラーの内部構造を工夫し、モーターと同軸上に配置
・ 同等出力の当社従来品に比べ、体積を50%、質量を30%削減。世界最小、最軽量を実現
2. モーターの高出力化を実現
・ 当社独自の「ポキポキモータ※2」と、電磁気設計の最適化により、出力性能を30%向上
※2: 広げた鉄心にコイルを巻いてから丸める当社独自の技術を用いたモーター
3. 優れた操舵フィーリングと操舵安定性を実現
・ 制御アルゴリズムの工夫により、優れた操舵フィーリングと操舵安定性を実現

開発品の主な仕様

項目 仕様
コントローラー部外径 φ93 mm(コネクター部除く)
モーター部外径 φ80 mm
全長 105 mm 〜 145 mm
質量 1.7 kg 〜 3.1 kg
定格トルク 1.8 N・m 〜 7.2 N・m
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 自動車機器事業本部 自動車機器企画部

TEL: (03)3218-2836 FAX: (03)3218-2931

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。