ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2011年2月16日
開発No.1104

低消費電力型の特定小電力無線を活用して次世代電子メーター500台の30分自動検針が可能に

スマートグリッド実証実験「自動検針用無線メッシュネットワーク技術」

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、低消費電力型の特定小電力無線を活用した無線メッシュネットワーク技術を開発し、実環境における大規模な自動検針システム動作検証を行いました。

 本技術は、特定小電力無線の適用を前提として当社が独自開発したもので、500台の次世代電子メーターを収容して30分ごとの使用電力量を自動で検針することを可能とする送信タイミング制御方式を適用しており、特定小電力無線においても大規模で安定なネットワークの構築およびその運用が可能となります。

主な開発成果

1. 端末500台・30分検針の「コンセントレーター主導送信タイミング制御方式」
・ コンセントレーターから送信タイミングを制御し、各端末からのデータを確実に収集
・ 通信速度が遅い429MHz特定小電力無線でも従来比10倍の500台を30分で検針可能
・ 高速の950MHz特定小電力無線では1000台を収容可能
2. 無線メッシュネットワークの性能を実環境で検証
・ 大船地区に設置した500台の通信端末で、無線メッシュネットワークの性能を検証
・ 尼崎地区の電子メーター42台に429MHzの端末を接続し、30分自動検針を検証
・ 950MHz特定小電力無線による500台規模の無線メッシュネットワークを業界で初めて実証

今後の展開

 2011年度は950MHz特定小電力無線通信端末による自動検針システム動作を尼崎地区の製造現場で検証し、電力自動検針システムの実用化を目指します。国内・海外の電力自動検針システムへの適用を主軸に、工場や公共施設におけるエネルギー利用の見える化やガス検針等各種データ収集システムへの展開も予定しています。

特許

国内 15件、海外 4件 出願済

変更履歴

2011年2月23日 下線部追記
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。