ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2011年2月16日
開発No.1106

オフィスビルの特性を再現して、省エネ効果を予測

「オフィスビル省エネシミュレーション技術」を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、オフィスビルそれぞれで異なる環境(特性)を再現して省エネ効果を予測する「オフィスビル省エネシミュレーション技術」として、執務者の座席位置と在不在を考慮できる「照明省エネシミュレーション技術」と、ビルの熱特性や発熱量を過去のデータから推測できる「空調省エネシミュレーション技術」を開発しました。

 本技術により、お客様のビルの照明や空調に省エネ対策を適用した時に得られる効果と快適性を導入前に予測することが可能になります。

主な開発成果

1. 執務者の座席位置と在不在を考慮した照明省エネシミュレーション技術
・ 照明配置、機種、壁の反射率に加え、執務者の座席位置と在不在を考慮してビル環境を再現
・ 再現した環境下で、さまざまな照明動作を模擬し、消費電力量と明るさを予測
・ 実際のビルに当社開発の省エネ制御を導入した結果、消費電力量を33%削減できることを確認
2. ビルの熱特性を考慮した空調省エネシミュレーション技術
・ 過去の気象データと空調機運転データから、建物の熱特性と人やPCの発熱量を推測
・ 再現したビル環境と気象予報から、空調機の最適な運転スケジュールを立案
・ 実際のビルに立案した最適冷房運転を適用した結果、消費電力量を22%削減できることを確認
3. 提案段階で、省エネ効果と快適性が予測可能
・ お客様ビルへ省エネ対策を提案する段階で、消費電力量と快適性を予測可能

今後の展開

照明設備と空調設備の導入・更新・サービス提供時に利用可能な省エネ評価ツールとして、2012年度以降に順次活用していきます。

特許

 国内5件、海外3件 出願済

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。