ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2012年2月7日
開発No.1201

グローバル携帯端末の小型化に貢献

6つの周波数帯に対応する「マルチバンド増幅器」を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、グローバル携帯端末に搭載する送信用高周波増幅器として3GPP規格※1に準拠した6つの周波数帯(バンド)に対応する「マルチバンド増幅器」を開発しました。

 世界最高クラスの電力付加効率※240%と最小サイズ(パッケージ寸法3mm×3mm×1mm)を実現し、バッテリー持続時間延伸と携帯端末の小型化が期待できます。

※1:The 3rd Generation Partnership Project:第三世代携帯電話の標準規格
※2:増幅器の電力変換効率を示す。電源効率を含む値

開発の特長

1. 従来サイズで6つのバンドに対応
広帯域整合回路開発により1.7GHz〜2GHz帯にわたる3GPP規格※1に準拠した6バンドに対応
従来の1バンド対応の増幅器の大きさ(3mm×3mm×1mm)で6バンド対応増幅器を実現しマルチバンド携帯端末の小型化が可能
2. 世界最高クラスの電力付加効率を実現
マルチバンド増幅器として世界最高クラスの電力付加効率40%を実現し、端末のバッテリー持続時間延伸に貢献

開発の概要

  対応バンド数 電力付加効率(%)
(6バンド)
パッケージ
寸法 縦×横×高(mm)
今回 6(バンド1,2,3,4,9,10) 37〜40 ※4 3×3×1
従来※3 1 40 3×3×1
※3: 当社従来製品 BA012J1
※4: Quantance社qBoostTM高速・低雑音電源と組み合わせて評価

今後の展開

 2012年度以降の製品に本技術を適用する予定です。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。