ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2015年2月17日
開発No.1510

工場のIoTデータを安全・安心にクラウド接続し、複数拠点の連携を実現

将来の工場に向けた「IoTファクトリーコントローラ」を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)時代に向け、工場を安全・安心にクラウドに接続できる「IoTファクトリーコントローラ」を開発しました。これにより、クラウドを活用したFA統合ソリューションe-F@ctoryの構築を容易化し、本社や工場など複数拠点の連携を実現します。

クラウドを活用したe-F@ctoryの一実現例

クラウドを活用したe-F@ctoryの一実現例

開発の特長

  1. 安全・安心なクラウド接続で、複数拠点の連携を実現
    • 通信データや機器認証に暗号技術を活用することにより工場とクラウドの安全・安心な通信を確立
    • クラウド上の生産管理システムと接続し、本社や工場など複数拠点の連携を可能にする「e-F@ctory」を実現
  2. センサーデータ量に応じ、処理能力を容易に拡張
    • 処理ユニットを簡単に増設できるため、生産現場の予防保全や傾向監視に伴って増大する生産現場で取得するセンサーデータ量に容易に対応
  3. クラウド経由で工場にアクセスするユーザーごとにアクセス範囲の設定が可能
    • 社員のアクセス範囲設定だけでなく、工場で複数メーカーの設備が稼働している場合に各メーカーがメンテナンスのために接続できる工場設備を事前に登録するなどのアクセス制限が可能

今後の展開

 2015年度に実証実験を行い、2016年度以降の事業化を目指します。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。