ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2016年1月27日
開発No.1603

大規模構造物が不要で移動も可能なアンテナを実現

海水の水柱で電波を送受信可能な海水アンテナ「シーエアリアル」を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、導電性のある海水を空中に噴出し、生じた水柱をアンテナとして利用することで電波を送受信する海水アンテナ「シーエアリアル」を開発しました。海岸や海上など海水があればどこにでも大規模構造物無しに容易に設置でき、移動もできます。

 今回、世界で初めて※1 、海水を使ったアンテナで地上デジタルテレビ放送の受信実験を行い、画像を映し出せることを確認しました。

  • ※12016年1月現在(当社調べ)

図1. 適用のイメージ

図1. 適用のイメージ

開発の特長

1.  海水を噴出した水柱で電波を送受信可能
海水中には電流を流さず、アンテナ送受信部だけに高周波電流を効率よく流す給電構造(絶縁ノズル)を開発
金属に比べて導電性の低い海水をアンテナ放射部として利用するため、アンテナに必要十分な水柱の太さをシミュレーションにより割り出し、実用レベルのアンテナ効率※2 70%を実現
  • ※2入力した電力に対する空間に放射される電力の割合
図2. 金属と海水での電流の流れ方の違い
2.  海水があればどこにでも設置が可能
ポンプと給電構造のみでアンテナを容易に構成できるため、海岸や海上など海水があればどこにでも大型のアンテナを設置可能
装置自体がコンパクトなため、船などで移動させることが可能

今後の展開

 従来の低周波用大型アンテナの置き換えやコンパクトさを活かした新事業に展開していきます。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。