ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2016年2月4日
開発No.1605

クラウド上での暗号化データ検索の利便性向上に貢献

「部分一致対応秘匿検索基盤ソフトウェア」を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、クラウドサービス(以下「クラウド」)において、機密保護のために暗号化した情報を復号せずに検索できる秘匿検索技術に、「部分一致検索機能」を付加した「部分一致対応秘匿検索基盤ソフトウェア」を世界で初めて※1 開発しました。従来の「完全一致検索」と同等の安全性を確保したまま、検索者の利便性向上に貢献します。

  • ※12016年2月4日現在 (当社調べ)

開発の特長

  1. キーワードを暗号化した状態で「部分一致検索」を可能にし、利便性向上に貢献
    • 登録データや検索キーワードの各文字を暗号化するだけでなく、各文字が先頭から何文字目かを表す「文字位置」を各暗号文に埋め込み、検索キーワードの「文字位置」を暗号化したままスライドさせて検索することで、検索キーワードの「部分一致検索」を実現
    • 「部分一致検索機能」により、長い文字列に対するキーワード検索が可能となり、用途が拡大
  2. 強固な暗号化技術により、クラウドの機密保護環境を構築
    • 登録データの暗号化時にキーワード検索可能な部署や利用者を限定し、より強固な機密保護を実現
    • 同じ検索キーワードでも毎回暗号文の値が変わるため、検索キーワードの類推を防止可能
    • 検索キーワードの各文字を分離させない暗号化技術により、文字の出現頻度分析を防止

開発の概要

  検索機能 安全性
今回 暗号化したまま、完全一致検索に加えて、 部分一致検索が可能 暗号化したままキーワード検索可能
検索するユーザーを限定可能
従来※2 暗号化したまま、完全一致検索のみ可能 同上
  • ※22013年7月3日に当社が発表した「秘匿検索基盤ソフトウェア」

今後の展開

 2017年度に、本技術を当社製品に適用する予定。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。