ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2016年2月12日
開発No.1608

低コストで誤差1メートル以内の位置検出を実現

無線LANと音波による屋内位置検出システムを開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、無線LANと音波による測位を組み合わせて誤差1メートル以内で位置を検出できる屋内位置検出システムを開発しました。これにより、例えば、GPSの電波が届かない地下駐車場での駐車位置までのナビゲーションや倉庫での物流管理など、さまざまなシーンでの利便性向上に貢献します。

駐車位置検出への活用例

駐車位置検出への活用例

開発の特長

  1. 無線LANと音波を活用し、誤差1メートル以内の位置検出システムを構築
    • 音波による位置検出装置を無線LAN基地局に搭載。位置検出したい対象物とその周辺の複数の無線LAN基地局との間で音波を往復させ、その伝達時間から対象物の位置を特定。送受信のタイミング・計測結果は無線LANで通信
    • 既に構内無線LANが設置されている場合、無線LAN基地局に位置検出装置を追加するだけで、低コストでシステム構築を実現
    • 屋内や地下などGPSの電波が届かない場所で、誤差1メートル以内の高精度の位置検出が可能
  2. スマートフォンを用いた駐車場での駐車位置検出が可能
    • スマートフォン内蔵のマイクとスピーカーを利用し、駐車場での駐車位置検出が可能
    • 専用アプリをインストールしたスマートフォンと周辺の無線LAN基地局に搭載した位置検出装置との間で送受信した音波の伝達時間からスマートフォンの位置を特定
    • ユーザーはスマートフォンだけで利用でき、RFID(電子タグ)などの専用機器は不要

開発の概要

  位置検出方法 必要な装置 精度
今回 無線LANと音波の組み合わせ ・音波による位置検出装置を
 搭載した無線LAN基地局
1m以内
従来 電波強度での距離測定 ・無線LAN基地局
・電波強度マップ測定装置
数m〜10m前後
電波強度マップ
無線通信時間測定 ・厳密な時刻同期機能を持った
 無線LAN基地局
・サーバー
1m前後
音波や電波ビーコンによる
位置通知
・電波ビーコン発信機・受信機
 または音波発信機・受信機
1m〜10m
音波 ・音波発信機
・コントローラー
1m以内
  • 装置の設置間隔による

今後の展開

 2017年4月の実用化に向けたアプリケーション開発を進めていきます。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。