ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2016年8月18日
開発No.1620

イベント会場への経路の混雑状況を高精度に予測し、来場者の安全・安心を確保

「リアルタイム混雑予測技術」を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、国立大学法人東京大学西成研究室と共同で、イベント会場と最寄駅などを結ぶ経路の混雑状況を予測する「リアルタイム混雑予測技術」を開発しました。リアルタイムに監視カメラ映像を解析して人の流量を推定することで混雑予測の精度を高め、現場の状況に即した的確な混雑解消対策による来場者の安全・安心の確保に貢献します。

 本技術は、2016年8月20日の第38回世田谷区たまがわ花火大会にて実証する予定です。

開発の特長

  1. 現在の人の流量を推定し、リアルタイムに混雑状況を高精度に予測
    • 世界で初めて 、現在の人の流量を用いて予測する「高速群集移動シミュレーター」を開発
    • 監視カメラ映像からリアルタイムに算出した人の流量を都度シミュレーターに与えることで、実際の混雑状況に対して約80%の高精度な混雑予測を実現
    • シミュレーターには国立大学法人東京大学西成研究室が開発した「高速群集移動モデル」を採用して計算量を削減し、高速処理を実現
    • 2016年8月18日現在(当社調べ)
  2. リアルタイム予測により、現場の状況に適した混雑解消対策が実行可能
    • 混雑リスク発生箇所をリアルタイムに予測し、迅速かつ的確な混雑解消対策が可能
    • 事件・事故など不測の事態が発生した場合でも、現状に即した予測に基づき回避経路を設定できるため、来場者の安全・安心の確保に貢献
    • 警備作業の効率化による大規模イベントの人件費などのコスト削減に貢献

開発の概要

  使用機器 使用する情報 予測精度
今回 監視カメラ、高速群集移動シミュレーター 現在の人の流量 約80%
従来 記録媒体、群集移動シミュレーター 過去に取得した人の流量 約50%
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。