ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2017年5月24日
開発No.1711

短時間で学習し、さまざまな機器を賢く制御

「スマートに学習できるAI」を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、事前学習のための試行数を大幅に削減する「スマートに学習できるAI」を開発しました。今回開発した技術は、従来のAI技術と比べ約50分の1の試行数で学習が完了します。産業用ロボットや車載機器などのアプリケーションに搭載した場合、各種センサー情報に基づいて短時間で自ら環境を学習し、状況に応じてAI技術を活用した制御が可能になります。

開発の特長

  1. 独自の深層強化アルゴリズム開発により、学習期間が大幅に短縮
    • カメラ画像や各種センサー情報を基に作業環境を認識しながら、機器が自律的に賢くなる独自の「深層強化学習」を実現
    • 従来の深層強化学習より試行数を大幅に削減し、短期間で学習が完了
  2. 「コンパクトな人工知能」と組み合わせることにより、さまざまな機器に搭載可能
    • 独自技術である「コンパクトな人工知能※1」との組み合わせにより、従来と比べて演算量を約100分の1に低減
    • メモリ容量やCPU処理性能が高くない機器への搭載が可能
    • ※12016年2月17日当社発表

開発の概要

機器制御の最適化手法 最適化に必要な期間
今回 マイコンによる自動化 数分〜30分程度
従来 専門家によるプログラミング/ティーチング 数時間〜半日
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。