ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年1月17日
開発No.1902

SF6ガスの使用量削減により環境負荷を低減

電力用ガス絶縁開閉装置向け遮断・絶縁技術を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、高電圧の電力系統に用いられるSF6※1ガス絶縁開閉装置の電流遮断性能を25%向上させる「アーク冷却促進技術」と、絶縁性能を30%向上させる「高電圧導体の高密度絶縁コーティング技術」を開発しました。開閉装置の小型化を推進し、地球温暖化係数が高いSF6ガスの使用量の削減に貢献します。

  • ※1六フッ化硫黄。地球温暖化係数がCO2の22,800倍

開発の特長

  1. 「アーク冷却促進技術」により、電流遮断性能を25%向上
    • 電流遮断時に電極間に発生するアーク※2を、独自の冷却材からガスを噴出させてガス圧力を高めて吹き付け、一気に冷却・消滅する「アーク冷却促進技術」を開発
    • アークを通じた電流が流れにくくなり、高圧力ガスを吹き付けない従来の方式と比較して電流遮断性能を25%向上
    • ※2高温の導電性プラズマ
  2. 「高電圧導体の高密度絶縁コーティング技術」により、絶縁性能を30%向上
    • 高電圧導体の金属表面を緻密に絶縁被覆する高密度絶縁コーティング技術を開発
    • 金属表面に発生する放電の抑制により、絶縁被覆をしない場合と比較して、絶縁性能を 30%向上
  3. 小型化によりSF6ガスの使用量を削減
    • 「アーク冷却促進技術」による電流遮断性能向上により、遮断ユニット数を2点から1点へ削減
    • 「高電圧導体の高密度絶縁コーティング技術」による高電圧導体表面の放電の抑制により、ガス封入用タンクを小型化し、SF6ガス使用量を削減

今後の展開

 今後、これらの技術を搭載した開閉装置の開発を進め、早期の製品化を目指します。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所

FAX: (06)6497-7289

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。