ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年2月13日
開発No.1914

生産設備の立ち上げ作業の効率化を実現

「段階的に素早く学ぶAI」を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、当社AI技術「Maisart®(マイサート)※1」の一つである「強化学習※2」をさらに進化させ、学習内容を段階的に自動で追加していくことにより、シミュレーターを用いて効率よく短時間で学習を完了する「段階的に素早く学ぶAI」を開発しました。
 今後、産業用ロボットなど生産設備の立ち上げ作業の効率化への応用に向けて開発を進め、実作業における生産性の向上に貢献します。

  • ※1Mitsubishi Electric's AI creates the State-of-the-ART in technologyの略。Maisart
    全ての機器をより賢くすることを目指した当社のAI技術ブランド
  • ※2試行錯誤により自ら最適な行動を探索するAI技術

産業用ロボットへの適用例(短時間でゴールに到達する動作を学習)

開発の特長

  1. AI技術「Maisart」の「強化学習」の進化により、短時間で学習を完了
    • 学習内容を単純化し、段階的に学習内容を自動で追加していく手法により、一度に学習させる手法に比べて、調整作業に必要な時間※3を人手による作業時間に比べ10分の1※4に短縮
    • ※3動作の修正および動作確認を繰り返す作業を含む
    • ※4産業用ロボット立ち上げ時における調整作業の一例
  2. 生産設備のタクトタイム短縮により、製造工程の生産性を向上
    • シミュレーター上でAIが効率よく経路を探索することで、動作時間が短縮できる速度や加速度に調整
    • AIで学習させることで、熟練作業者と同等以上にタクトタイムを短縮し、生産設備の稼働効率向上を実現

開発の概要

  手法 調整作業に必要な時間
今回 開発技術 10分の1
従来 人手 1
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 情報技術総合研究所

FAX: (0467)41-2142

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。