ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年2月13日
開発No.1915

事前の機械学習なしに短時間での分析を実現

人のわずかな動作の違いも見つける行動分析AIを開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、当社AI技術「Maisart®(マイサート)※1」を用いて、事前の機械学習なしに人のわずかな動作の違いも見つける独自の「行動分析AI」を開発しました。人が自分自身では気付きにくいわずかな動作の違いを自動的に見つけることができるので、例えば、工場の生産現場では、作業者の手順の違いや無駄な動作の検出により、一人ひとりに合わせた作業改善ができ、生産性向上に貢献します。

  • ※1Mitsubishi Electric's AI creates the State-of-the-ART in technologyの略。Maisart
    全ての機器をより賢くすることを目指した当社のAI技術ブランド
行動分析AIにおける処理手順

行動分析AIにおける処理手順

開発の特長

  1. 事前の機械学習が不要で高速処理が可能
    • 従来の行動分析技術に必須であった人手による大量の教師データの作成や事前の機械学習が不要なので導入が容易
    • 行動分析が数秒から数分程度(当社比20分の1以下)※2で高速処理が可能
    • ※22015年学会発表の当社技術との比較
  2. 一人ひとりのわずかな動作の違いを自動検出し、作業改善に貢献
    • 人の動きを計測した位置データから動作要素の境界を推定し、一人ひとりの標準動作パターンを決定し、わずかな手順の違いや無駄な動作などの標準とは異なる動作を検出
    • 製品の組み立て作業への適用では、作業者が最適な作業に習熟するための支援ツールとして利用することで、一人ひとりに合わせた作業改善や効率化を実現し、生産性の向上に貢献

今後の展開

 今後、自社工場への試験導入を通じて実用化開発を進めます。また、事前の機械学習を必要とせず容易に導入できる特長を活かし、工場以外のさまざまな分野への適用を検討していきます。
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所

FAX: (06)6497-7289

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。