ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年2月13日
開発No.1916

車内空間の拡大と燃費向上に貢献

ハイブリッド車用超小型パワーユニットと高出力密度モーターを開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、フルSiC※1パワー半導体モジュールと高密度実装技術の適用により、出力容量400kVA機種において、世界最小※2の体積2.7Lと世界最高※2の電力密度150kVA/Lを実現した「ハイブリッド車(HEV, PHEV)※3用超小型パワーユニット」と、非対称回転子構造により世界最高クラス※4の出力密度23kW/Lを達成した「高出力密度モーター」を開発しました。車両への設置の自由度向上と車内空間拡大に加え、燃費向上にも貢献します。本開発技術は、電気自動車(EV※5)にも適用可能です。

  • ※1Silicon Carbide:炭化ケイ素
  • ※22019年2月13日現在、当社調べ。2モーター方式ハイブリッド車に対応した2つのインバーターと1つのコンバーター構成のパワーユニット
  • ※3Hybrid Electric Vehicle, Plug-in Hybrid Electric Vehicle
  • ※42019年2月13日現在、当社調べ。2モーター方式ハイブリッド車に対応した駆動用モーターの同一条件での比較の場合
  • ※5Electric Vehicle

開発の特長

  1. 世界最小体積2.7Lで世界最高電力密度150kVA/Lのハイブリッド車用パワーユニットを開発
    • 高密度実装を適用した当社製フルSiCパワー半導体モジュールと、SiCのもつ高速スイッチング特性を生かした高周波駆動により、パワーユニット内の部品を大幅に小型化
    • パワーユニットとして、世界最小の体積2.7Lと、世界最高の電力密度150kVA/Lを達成
  2. 高トルク集中巻モーターで世界最高クラスの出力密度23kW/Lを達成
    • 非対称回転子構造の採用により、前進方向への回転トルクを高め、集中巻※6モーターで出力密度を向上
    • 高効率な冷却構造により、磁力性能の高い磁石を採用
    • ※6ステーター鉄芯の1個のティースにコイルを巻きつける構造

今後の展開

 今後、量産化に向けた開発を行い、モーターは2020年度以降、パワーユニットは2024年度以降の事業化を目指します。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所

FAX: (06)6497-7289

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。