ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年2月19日
社会 No.1902

IoTを活用して運行中の列車の状態を把握

東京メトロ丸ノ内線2000系向け「車両情報監視・分析システム」を納入

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、東京地下鉄株式会社(以下、東京メトロ)丸ノ内線2000系車両向けに、「車両情報監視・分析システム(以下、TIMA※1)」を納入しました。2月23日から運用が開始される予定です。IoTとビッグデータの可視化・分析技術を駆使して、運行中の車両のさまざまな情報を収集・活用することにより、お客様サービスの向上や運行支障時の対応の迅速化、定期検査・部品交換周期の最適化を推進し、鉄道のさらなる安全・安定運行に貢献します。

  • ※1 TIMA:Train Information Monitoring and Analysis system

車両情報監視・分析システム(TIMA)の概要

車両情報監視・分析システム(TIMA)の概要

東京メトロ丸ノ内線2000系車両

東京メトロ丸ノ内線2000系車両

納入システムの特長

  1. 運行中の列車の情報を随時データセンターに集約し、車両状態の「見える化」を実現
    • 当社が開発した最新の車両制御情報管理装置(以下、TIS※2装置)が運行車両の走行位置・車内温度・乗車状況(混雑度)など、さまざまな情報を収集
    • 高速大容量無線通信装置により、収集した情報を随時データセンターに伝送
    • 収集した情報を蓄積することにより、過去の車両状態も含めた「見える化」を実現
    • ※2TIS:Train-control Information Management System
  2. 乗務員と指令員間で機器状態を迅速かつ正確に共有し、運行支障時間を短縮
    • TIS装置が機器の状態を常時監視し、異常発生時には車両の現在位置や故障状況をデータセンター経由で速やかに指令所や車両基地へ配信
    • 運転台の表示画面と同じ画面を指令所や車両基地の端末に表示し、乗務員と指令員・検修作業員間の情報共有を迅速化・正確化。スムーズで適切な処置を実現し、運行支障時間の短縮に貢献
  3. 車両搭載機器の動作データを分析し、検査項目・部品交換周期の最適化を推進
    • TIS装置が走行中における車両搭載機器の電流値や電圧値など、詳細な動作データを収集
    • 今後、収集した車両のビッグデータを分析し、検査項目および部品交換周期の最適化を推進

今後の展開

 TIMAにより収集・蓄積されたビッグデータの一部は、オープンデータとして提供することが検討されており、スマートフォンのアプリなどで活用することで、お客様サービスの向上が可能となります。
 今後、当社はIoT技術を活用した鉄道車両の状態監視・データ分析を行うサービスを鉄道事業者に提供し、経過時間を基準とした保守業務(TBM※3)の効率化と機器の状態を基準とした保守業務(CBM※4)を実現することで、鉄道車両保守業務の最適化に貢献します。

  • ※3TBM:Time Based Maintenance
  • ※4CBM:Condition Based Maintenance

お客様からのお問い合わせ先

三菱電機株式会社 交通事業部

〒100-8310 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号

TEL 03-3218-1293 FAX 03-3218-2641

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。