ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年3月5日
社会No.1904

全面フリーボード化で迫力ある映像表現を実現

マツダ スタジアム向けに「オーロラビジョン」を納入

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、広島市が所有する「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム 広島」(略称:マツダ スタジアム、広島県広島市)のスコアボード向けに「オーロラビジョン®」を納入しました。従来面積比で約1.5倍となる、高さ7.04m、長さ37.44mの全面フリーボード化されたオーロラビジョン®による迫力のある多彩な映像表現で試合をさらに盛り上げます。2019年3月5日のオープン戦から運用が開始される予定です。

  • 画面上に映像を自由に配置することが可能なスクリーン
マツダ スタジアム・全面フリーボード化オーロラビジョン<sup>®</sup>

マツダ スタジアム・全面フリーボード化オーロラビジョン®

納入製品の特長

  1. 全面フリーボード化により、迫力のある映像表現を実現
    • 従来から面積比約1.5倍(263.57m2、高さ7.04m、長さ37.44m)に拡大
    • 従来のスコア分離型スクリーンをフリーボード化し、スクリーン全面に映像を表示することで、より迫力のある多彩な映像表示を実現
  2. 高解像度・高視野角スクリーンにより、多彩で一体感のある映像を提供
    • 当社独自開発のダイナミックピクセル制御により、きめ細かな映像表現を実現
    • 水平視認角度140度の高視野角LEDの採用により視認エリアを大幅に拡大し、より多くの観客に一体感のある映像を提供
  3. 発光効率とメンテナンス性を向上したLEDユニットで、省エネ・省力化に貢献
    • スコアボード用にレンズ設計されたLEDの採用により、高輝度と低消費電力を両立し省エネ効果を発揮
    • フィルターレス構造のLEDユニットの採用により定期的なフィルター交換を不要とし、定期交換部品の削減とメンテナンスの省力化に貢献

製品仕様

製品名 三菱オーロラビジョン®LED
スクリーンサイズ メーン:縦7.04m × 横37.44m  サブ:縦1.6m × 横4.32m
発光方式 高輝度 フルカラーLED
解像度 縦 200本 × 横 540本
最大輝度 6,000cd/m2
表示諧調 各色65,536階調
水平視認角度 140度(±70度)
お問い合わせ先
三菱電機株式会社 社会環境事業部 施設環境部

TEL: (03)3218-4665 FAX: (03)3218-4677

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。