ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年3月27日
経営No.1904

基金設立以来27年間で延べ2,000カ所以上、累計13億4,000万円を寄付

「三菱電機SOCIO-ROOTS基金」による2018年度寄付実績のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、「三菱電機SOCIO-ROOTS(ソシオルーツ)基金」の2018年度の活動として、従業員からの寄付をもとに、全国78カ所へ合計7,498万126円を寄付しましたのでお知らせします。基金設立以来27年間で全国延べ約2,000カ所以上を支援し、累計寄付金額は約13億4,000万円となりました。

 2018年度は平成30年7月豪雨の被災者への支援として合計4,164万2,556円を寄付したほか、2011年度から開始した東日本大震災の被災地の子どもたちを支援する活動として5団体へ合計1,400万円を寄付しました。今後も被災地のニーズをくみ取りながら、引き続き支援を実施していきます。

三菱電機SOCIO-ROOTS基金の2018年度寄付実績

寄付の種類 従業員の寄付金額 会社のマッチング額 寄付合計
社会福祉施設向け支援 966万8,785円 966万8,785円 1,933万7,570円
東日本大震災
被災地の子どもたち支援
700万円 700万円 1,400万円
平成30年7月豪雨支援 2,082万1,278円 2,082万1,278円 4,164万2,556円
合計 3,749万63円 3,749万63円 7,498万126円

三菱電機SOCIO-ROOTS基金とは

 従業員からの寄付金に対して、会社がその同額を拠出し倍額にして社会福祉施設・団体に寄付するマッチングギフト制度です。当社は、社会貢献活動の重点分野の1つである社会福祉の主要プログラムとして同基金に取り組んでおり、「持続可能な開発目標(SDGs)」の達成に貢献する、社会課題解決の一助となる活動を実施しています。

 1992年4月の設立以降、全国各地の事業所で募金活動を実施し、地元の社会福祉施設・団体を中心に寄付金の贈呈や家電品などの提供を行っており、累計の寄付金額は約13億4,000万円にのぼります(2019年3月時点)。

「東日本大震災 被災地の子どもたちへの支援」活動について

 東日本大震災の復興支援活動として震災遺児をはじめとする被災地の子どもたちを支援するため、2011年度から奨学金支給や心のケア活動を行っている団体を支援しています。2018年度は、心のケアや遊びを通じた居場所づくり、自発性を育む取り組みや、子どもたちの心身の安定に大きく関わる保護者へのサポートを行っている5団体へ合計1,400万円の支援を行い、累計寄付金額が1億6,250万円となりました。

 【2018年度支援先団体名】

NPO法人「浜わらす」(宮城県気仙沼市)

NPO法人「こども∞感ぱにー(むげんかんぱにー)」(宮城県石巻市)

認定NPO法人「Switch」(宮城県仙台市・石巻市)

NPO法人「しんぐるまざあず・ふぉーらむ・福島」(福島県郡山市)

NPO法人「ReLink(りんく)」(福島県福島市)

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。