ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年4月23日
半導体No.1903

ワイドサイズと高い表示性能で、車載用途だけでなく産業用途にも使用可能

「車載用TFT液晶モジュール」10.25型、12.3型、15.0型ワイドHD発売

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、カラーTFT液晶モジュールの新製品として、高い信頼性を実現した高解像度ワイドHDの「車載用TFT液晶モジュール」3機種を7月16日に発売します。車載用途と同様に高い性能や品質が求められる船舶や建設機械、農業機械などの産業用途にも使用可能です。
 本製品は「Society for Information Display(SID)Display Week」(5月14日〜16日、於:アメリカ合衆国・カリフォルニア州・サンノゼ)に出展します。

「車載用TFT液晶モジュール」(左から10.25型、12.3型、15.0型)

「車載用TFT液晶モジュール」
(左から10.25型、12.3型、15.0型)

新製品の特長

  1. 横長ワイドサイズとリアマウント構造により、限られたスペースでも設置が可能

    • インストルメントクラスター、センターパネル、電子ミラーなどのディスプレイに最適な横長ワイドサイズ(アスペクト比8:3)とリアマウント構造※1の採用により、車内の限られたスペースでも設置可能

    •    ※1背面に取り付け用のネジ穴があり、背面で筺体と取り付ける構造

  2. 高解像度、超広視野角、高輝度・高コントラストの高い表示性能と広い動作温度範囲を実現

    • ワイドHDの高解像度(1920(H)×720(V))で、鮮明で多くの情報表示が可能(10.25型:200ppi※2、12.3型:167ppi、15.0型:137ppi)
    • 超広視野角(上下左右176°)と高輝度(1000cd/m2)、高コントラスト(1000:1)により、明るい場所でも高い視認性を実現
    • 広い色再現性範囲(NTSC比Typ.70%以上※3)により、色鮮やかな表示が可能
    • 広い動作温度範囲(−40℃〜+85℃)により、自動車内などの厳しい温度環境に対応

    •    ※2pixels per inchの略で画像解像度を表す単位
    •    ※3色域規格の1つで、アナログテレビ方式の色域規格

  3. 故障検出機能の搭載と国際規格に準拠した製品開発により、高い信頼性を実現

    • ディスプレイ異常を検出する故障検出機能の搭載により、車両使用時の安全性向上を実現
    • IATF16949※4に準拠した製品開発により、高い信頼性を担保

    •    ※4自動車産業の国際的な品質マネジメントシステム規格

発売の概要

製品名 サイズ 解像度 形名 サンプル価格
(税抜き)
発売開始日
TFT液晶モジュール 10.25型 Wide-HD AA103AE01 35,000円 7月16日
12.3型 Wide-HD AA123AF01 45,000円
15.0型 Wide-HD AA150AC01 65,000円

お問い合わせ先

三菱電機株式会社 半導体・デバイス第一事業部 液晶営業部
TEL 03-3218-2482 FAX 03-3218-4862
TFT液晶モジュール 車載仕様 ウェブサイト

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。