ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年5月8日
FA No.1909

オープンイノベーションを活用し、産業用ロボットの安全性と生産性の早期両立を目指す

米国Realtime Robotics, Inc.への出資のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、産業用ロボットのより高い安全性と生産性の早期両立を目指し、独自のモーション・プランニング技術※1の開発を行う米国スタートアップ企業Realtime Robotics, Inc.(リアルタイム・ロボティックス社。以下、RTR社)に出資します。2020年までにRTR社の技術を活用した新たな産業用ロボットシステムの開発を目指します。
 当社は今後も、多様な発想や先進技術を持つ企業への出資などを通じて、オープンイノベーションを活用し、製造業の発展に貢献します。

  • ※1障害物などの制約がある中で最適な経路を生成する技術

RTR社の概要

社名 Realtime Robotics, Inc.
代表者 Peter Howard
所在地 27-43 Wormwood St, Suite 110, Boston, MA 02210, USA
設立 2016年3月
事業内容 産業用ロボットへの適用を目的とした、環境変化をリアルタイムに認識するモーション・プランニング専用プロセッサおよびソフトウエアの開発
ホームページ http://rtr.ai/

RTR社への出資の狙い

 多くの製造現場では、労働人口減少や人件費高騰などを背景に自動化へのニーズが高まっており、産業用ロボットは欠かせない存在となっています。
 このような市場環境の下、当社の産業用ロボットMELFAシリーズは、ビジョンセンサー、力覚センサーおよび当社独自のAI技術「Maisart®(マイサート)※2」を搭載することで、高速・高精度なピックアンドプレース※3制御を実現し、さまざまな人作業の代替設備として活用されています。
 今回の出資により、当社の産業用ロボットMELFAシリーズとRTR社のモーション・プランニング技術を融合させることで、産業用ロボットが作業環境の変化をリアルタイムに認識し、障害物を高速かつ滑らかに回避できるようになり、部品の把持・組み立てなどの作業を停止することなく継続することが可能となります。
 当社は、産業用ロボットのより高い安全性と生産性の両立を早期に実現することで、製造現場での省人化に貢献します。

  • ※2Mitsubishi Electric's AI creates the State-of-the-ART in technologyの略。Maisart
    全ての機器をより賢くすることを目指した当社のAI技術ブランド
  • ※3コネクタなどの対象物の位置を認識・把持し(ピック)、組み付け(プレース)を行う作業

お客様からのお問い合わせ先

三菱電機株式会社 名古屋製作所 事業戦略プロジェクトグループ
〒461-8670 愛知県名古屋市東区矢田南五丁目1番14号
TEL 052-712-6590 FAX 052-712-2390
E-Mail:taskhot@rj.MitsubishiElectric.co.jp

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。