ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年5月14日
人事No.1910

専門的な実体験と丁寧なフィードバックを行う全社的な取り組みが評価

第2回 学生が選ぶインターンシップアワード「大賞」受賞

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、「第2回 学生が選ぶインターンシップアワード」(後援:経済産業省、厚生労働省、文部科学省、日本経済新聞社、マイナビ)において、223社・287プログラムの応募の中から、「技術系/実習型インターンシッププログラム」が最高賞の「大賞」を受賞しました。

 専門的な実体験と丁寧なフィードバックを行う全社的な取り組みが評価されたものです。

 当社は、今後も質の良いインターンシッププログラムの提供を通じて、学生の職業観の養成およびキャリア形成への意識向上を積極的に支援していきます。

受賞概要

 受賞件名   :第2回 学生が選ぶインターンシップアワード 大賞

 受賞プログラム:技術系/実習型インターンシッププログラム

受賞理由

 学生アンケートや学生部会、有識者部会の審査において、以下の点が評価されました。
  • 社員約3,000人の協力のもと、34拠点・247テーマ(部署)を設定し、学生の専攻知識や志向に合わせて各部署で10日間の受け入れを実施。
  • 参加学生の評価や大学訪問から要望を吸い上げ、順次ブラッシュアップがなされている。専門的な実体験とフィードバックの繰り返しを経ることで、知識理解の幅や深さ、多面的に思考する観点を身につけることができる。
  • 実習終了後期間を空け、学んだ経験を棚卸するコンテンツがあり、多様な社員との接触機会が提供されると同時に、学びとキャリアを接続させる工夫がなされている。

当社のインターンシッププログラム

 学生の興味や関心に合わせて選べる「現場実習型」「会社理解型」「工場見学型」の3つのプログラムを用意しています。今回「大賞」の対象となった「現場実習型」では、全国各地の事業所にて、最先端技術や第一線の現場を体感する10日間のプログラムを夏(8月)と冬(2月)に開催し、2018年度は国内外合わせて約500名の学生が参加しました。実習テーマは実際に当社が行っている業務をベースに、本人の専門知識・領域に合わせてカスタマイズした内容となります。
 2019年度はさらに受け入れ規模を拡大し、開催する予定です。詳細は以下をご確認ください。

・三菱電機株式会社HP「インターンシップ情報」
  http://www.MitsubishiElectric.co.jp/saiyo/intern/tech/training/
インターンシップ風景

「学生が選ぶインターンシップアワード」について

 学生の社会的・職業的自立に貢献したインターンシッププログラムを表彰する日本最大級のアワードです。学生からの支持が高く、他社の規範となる取り組みを表彰することにより、インターンシッププログラムの質的向上や実施企業数増加を目的とするものです。詳細は以下をご確認ください。

・インターンシップアワードHP https://internship-award.jp/

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。