ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年8月20日
リ本No.1912

アルミ扁平管熱交換器を採用し、業界初の外気吸込温度52℃での冷房運転を実現

空冷式ヒートポンプチラー「DT-RⅢ」新製品発売のお知らせ

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、ビルや工場などで冷温水を使用して冷暖房を行う空冷式ヒートポンプチラーの新製品として、業界で初めて※1外気吸込温度※2 52℃での冷房運転を実現し、業界トップクラスの省エネ性と省スペース化を実現した「DT-RⅢ(ディーティーアールスリー)」を2020年春に発売します。

  • ※12019年8月20日現在、当社調べ。空冷式ヒートポンプチラーにおいて
  • ※2従来機種である空冷式ヒートポンプチラー「DT-RⅡ」の冷房運転時の外気吸込温度上限は43℃
空冷式ヒートポンプチラー「DT-RⅢ」(ヒートポンプタイプ・4台連結時)

空冷式ヒートポンプチラー「DT-RⅢ」
(ヒートポンプタイプ・4台連結時)

新製品の特長

  1. アルミ扁平管熱交換器の採用により、業界初の外気吸込温度52℃での冷房運転を実現
    • 熱交換効率を高めたアルミ扁平管熱交換器の採用により、業界で初めて外気吸込温度52℃での冷房運転を実現
    • 猛暑や都市部のヒートアイランド現象などにより設置場所の外気温が高くなっても冷房運転を継続
  2. R32冷媒の採用などにより、環境負荷低減と省エネ性向上に貢献
    • 地球温暖化係数がR410A冷媒と比べて約3分の1※3のR32冷媒を採用し、環境負荷低減に貢献
    • アルミ扁平管熱交換器の採用により、冷媒封入量を従来比※4で約33%削減、CO2換算値※5で約78%削減
    • 新型圧縮機の搭載により、業界トップクラスのエネルギー消費効率(冷却COP)3.28※6を実現
    • ※3出典「IPCC 第4次評価報告書」温暖化係数100年値。675(R32)と2090(R410A)の比較
    • ※4従来機種DT-RⅡ(ヒートポンプタイプ)とDT-RⅢ(ヒートポンプタイプ)の計画値との比較
    • ※5地球温暖化係数×冷媒封入量の値
    • ※62019年8月20日現在、当社調べ。記載の値は定格冷却能力180kW(60馬力相当)において、外気35℃、冷水入口14℃、冷水出口7℃の場合の冷却COP計画値
  3. 同サイズで70馬力までラインアップし、省スペース化と省施工化に貢献
    • 新型圧縮機の搭載により、同サイズで大容量70馬力までをラインアップ
    • 屋上など限られたスペースでも大容量の70馬力モジュールを組み合わせることで従来よりも少ない台数で設置でき、業界トップクラスの省スペース化※7を実現
    • 設置台数の削減により配管などの付帯設備も削減でき、設備コストの削減や省施工化に貢献
    • ※7例えば、280馬力相当のシステムを組む場合、40馬力での組み合わせでは7台設置する必要があるが、今回、同サイズの70馬力では4台設置となるため、設置スペースを約43%削減可能

発売の概要 (ヒートポンプタイプ 標準仕様のみ)

主な仕様 馬力 形名 定格冷却能力 定格加熱能力 発売時期
200V仕様・
散水無し仕様
40HP CAHV-MP1180B 118kW 118kW 2020年春
50HP CAHV-MP1500B 150kW 150kW
60HP CAHV-MP1800B 180kW 180kW
70HP CAHV-MP2000B 200kW 200kW
お問い合わせ先
三菱電機株式会社
 冷熱システム製作所 営業部 チラー・給湯営業課

TEL: (073)436-1103 FAX: (073)428-9016

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。