ニュースリリース

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年10月21日
自動車No.1909

一般道での走行や無人自動駐車に対応

自動運転実証実験車「xAUTO」搭載の新技術開発のお知らせ

印刷用ページへ
 三菱電機株式会社は、高精度な地図情報が整備されていない一般道での走行や屋内・屋外を問わない無人での自動駐車など、一般道のさまざまなシーンに適用できる新たな自動運転技術を開発し、自動運転実証実験車「xAUTO(エックスオート)」に搭載しました。当社は、本車両を「第46回東京モーターショー2019」(10月24日〜11月4日、於:東京ビッグサイト)に出展します。
三菱電機 自動運転実証実験車「xAUTO」

三菱電機 自動運転実証実験車「xAUTO」

開発の概要

 当社はこれまで、ミリ波レーダーやカメラなどを用いた周辺センシング技術を活用する「自律型走行技術」と、準天頂衛星システムからのセンチメータ級測位補強サービス(以下CLAS※1)信号と高精度3次元地図を活用する「インフラ型走行技術」を組み合わせた自動運転システムを開発し、高速道路※2での自動運転の実証実験を行ってきました。今回、高精度な地図情報がない一般道での走行や屋内・屋外を問わない無人での駐車を実現する自動運転技術を開発し、一般道※3での自動運転も含めた実証実験を実施しています。
 今後、当社が保有する鉄道や空港向け管制技術や当社独自のAI技術「Maisart®(マイサート)※4」などを組み合わせることで、レベル4自動運転(特定条件下における完全自動運転)の実現を目指します。

  • ※1Centimeter Level Augmentation Service
  • ※2山陽自動車道、道央自動車道、新東名高速道路、東名高速道路、首都高速道路、常磐自動車道
  • ※3都内の臨海副都心地域、つくば市内
  • ※4Mitsubishi Electric's AI creates the State-of-the-ART in technologyの略。Maisart
    全ての機器をより賢くすることを目指した当社のAI技術ブランド

今回開発した「xAUTO」搭載技術の主な特長

  1. 「ローカルマップ」により、高精度な地図情報が無くても自動運転を実現
    • CLAS信号を用いて走行時の自車位置を取得し、過去に走行したルートを「ローカルマップ」としてセンチメータ級の精度で正確に記録
    • 記録した「ローカルマップ」に沿って自動走行制御を行うことにより、高精度な地図情報が整備されていない場所でも自動運転を実現
  2. 正確な自車位置と最適な走行ルートにより、屋内・屋外で無人自動駐車を実現
    • 駐車位置や運行計画をもとに最適な走行ルートを生成
    • 屋外ではCLAS信号、屋内では駐車場のランドマークにより正確に自車位置を取得
    • 走行ルートに沿った自動走行制御により、屋内・屋外を問わず、無人自動バレー駐車を実現
  3. 独自のセンサーフュージョン技術により、周辺状況を即時かつ高精度に認識
    • ミリ波レーダーやカメラなど複数センサー情報を、処理時間のばらつきを考慮して組み合わせるセンサーフュージョン技術を開発
    • 車載センサーの数が増えても、即時かつ高精度に周辺状況を認識

開発担当

三菱電機株式会社 自動車機器開発センター
〒670-8677 兵庫県姫路市千代田町840番地
TEL 079-293-1251(大代表) FAX 079-298-7348

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。

文字サイズ変更