ニュースリリース

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年11月5日
電シ本No.1904

小型化・軽量化・省電力化によりドローンなどへの搭載も可能

準天頂衛星システム CLAS対応高精度測位端末「AQLOC-Light」発売

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、準天頂衛星システムによるセンチメータ級測位補強サービス(以下CLAS※1)などの高精度測位補強情報を受信する新しいセンチメータ級高精度測位端末「AQLOC-Light(アキュロック ライト)」を11月5日に発売します。小型化、軽量化、省電力化を実現し、ドローンなどの小型移動体への搭載も可能で、さまざまな事業分野における高精度測位情報の利用拡大に貢献します。

  • ※1CLAS:Centimeter Level Augmentation Service
センチメータ級高精度測位端末「AQLOC-Light」(受信機)(90(W)×90(D)×30(H)mm、重量280g)

センチメータ級高精度測位端末「AQLOC-Light」(受信機)
(90(W)×90(D)×30(H)mm、重量280g)

新製品の特長

  1. u-blox社製受信チップの採用により、小型化・軽量化・省電力化を実現
    • CLAS対応の受信チップ開発で連携しているスイスu-blox(ユーブロックス)社製の受信チップ※2を採用
    • 当社従来品の「AQLOC-VCX」と比べ、部品点数を削減し消費電力を70%削減することで排熱構造が不要となり、体積・重量を約80%削減
  2. 独自の測位アルゴリズムにより、自律測位やネットワーク型測位補強情報による測位が可能
    • 受信機に搭載したジャイロと移動体からの車速パルス信号を用いた自律測位で位置情報を補間※3し、衛星からの信号が受信できないトンネル内や高架下でも測位可能
    • CLASに加えてネットワーク型測位補強情報(ネットワーク型RTK方式/RTCM※43.2)も受信でき、より多くの分野・用途で使用可能
    • ※3経過時間に応じて測位精度は劣化
    • ※4RTCM:Radio Technical Commission for Maritime Services
      海事用無線技術委員会で規定されているGNSS※5 データの標準フォーマット
    • ※5GNSS:Global Navigation Satellite System 全地球測位衛星システム

発売の概要

製品名 形名 価格 発売日
準天頂衛星対応センチメータ級
高精度測位端末「AQLOC-Light」
AQLOC-Light オープン価格 11月5日

お問い合わせ先

三菱電機株式会社 電子システム事業本部 高精度測位事業推進部

〒100-8310 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号

TEL 03-3218-9646 FAX 03-3218-2864

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。

文字サイズ変更