ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年11月6日
経営No.1916

環境保全やCSR調達などの積極的な取り組みが高く評価

EcoVadis社の2019年CSR企業評価において最高位の「ゴールド」を獲得

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、国際的な評価機関であるEcoVadis社(エコバディス社、本社:フランス)の2019年のCSR企業評価において、最高位の「ゴールド」を獲得しましたのでお知らせします。
 EcoVadis社のCSR企業評価は、企業のCSR活動を「環境」「労働慣行・人権」「倫理」および「持続的な資材調達」の4分野で包括的に評価するもので、当社は、環境保全やCSR調達などの積極的な取り組みにより、「環境」と「持続的な資材調達」分野において高い評価を得ました。
 今回、当社が獲得した最高位の「ゴールド」は、調査対象全体の上位5%内にあたる企業として認定されたものです。

CSRへの取り組みについて

 三菱電機グループは、環境問題や資源・エネルギー問題をはじめ多様化する社会課題に対して、製品・システム・サービスの提供等により解決に取り組み、「持続可能性と安心・安全・快適性の両立」をはじめとする価値創出を推進することを通じて、グループ全体で持続的な成長を追求しています。
 また、こうした価値創出への取り組みを中心として、すべての企業活動を通じてグループの持続的成長を追求することにより、世界共通の目標であるSDGs※の達成にも貢献してまいります。

  • ※:Sustainable Development Goals 国連総会で採択された2030 年までの「持続可能な開発目標」
     

EcoVadis社について

 EcoVadis社は、企業の持続可能性に関する国際的な評価機関で、世界155か国、198業種にわたるサプライヤー企業を21のCSR指標で評価しています。
 その評価方法は国連グローバルコンパクト、GRI(Global Reporting Initiatives)およびISO26000等の国際的なCSR基準に準拠しており、評価結果は55,000以上の企業で利用されています。
 
・EcoVadis社ホームページ https://www.ecovadis.com/

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。