ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年12月2日
ビルNo.1909

人とロボットがビル内で安全に共存するスマートビルの実現に貢献

ロボットのビル内縦横移動を支援するサービスの検証を開始

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、ロボットのビル内縦横移動を支援するサービスの実環境における検証を12月2日に開始します。人の安全に配慮しながら、ロボットのエレベーターを利用した複数フロアにまたがる移動や、認証情報を活用した立ち入り制限エリアの通行など、人とロボットがビル内で安全に共存する「スマートビル※1」の実現に向けて、ビル所有者やビル管理者がロボットを効率的に活用できるサービスの提供を目指します。

 本サービスのデモンストレーションを、「スマートビルディングEXPO 東京展」(12月11日〜13日、於:東京ビッグサイト青海展示棟)の三菱電機ブースにて実施します。

  • ※1IoTを活用し、省エネ/省人化を実現しながら人が安心できる環境で効率的な仕事を行える空間を提供するビル

ロボットのビル内縦横移動を支援するサービスの概念図

ロボットのビル内縦横移動を支援するサービスの概念図

ロボットのビル内縦横移動を支援するサービスの特長

  1. ビル内設備との連携により、ロボットの効率的な縦横移動を支援
    • エレベーターにロボットの乗車階と降車階の情報を伝えて自動で配車するとともに、ロボットに乗車指示を出すことで、ロボットの縦移動を支援
    • 入退室管理システムと連携し、ロボットの通行要求に基づいてセキュリティーゲートを開閉することで、ロボットの横移動を支援
  2. 人の動きに合わせてロボットを稼働させることで、人の安全な移動を支援
    • アニメーションライティング誘導システム※2との連携により、ロボットのエレベーター乗降時にプロジェクターから床面に光でロボットの移動方向サインを投影し、人に注意を喚起
    • セキュリティーゲート通行時には人を優先するよう、ロボットへ通行を指示
    • ※2床面に光のアニメーションを使った動くサインを表示し、視覚的にわかりやすい案内を行う当社が開発中の案内表示方法

検証について

 エレベーターとの連携機能については、三菱地所株式会社の協力のもと、同社が運営管理する「東京ビルディング」(東京都千代田区丸の内二丁目7番3号)と「大手町ビル」(東京都千代田区大手町一丁目6番1号)にて、動作確認を実施してきました。

 本日12月2日から「大手町ビル」において、ビル内を警備するロボットをエレベーターと連携させ、実際に警備業務の一部を行う状況にて本サービスの有効性を検証します。

 この検証は、「Tokyo Robot Collection※3」の一環として、実施するものです。

  • ※3東京都が実施する、ロボットを活用した実証により社会的課題の解決模索と先端テクノロジーのPRを行うことを目的とした事業 http://www.tokyo-robottech.tokyo/

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 ビル事業部

TEL: (03)3218-4544 FAX: (03)3218-4667

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。