ニュースリリース

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2019年12月20日
電力No.1904

「隠岐ハイブリッドプロジェクト」で「資源エネルギー庁長官賞」など

令和元年度新エネ大賞で2件を共同受賞

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、一般財団法人 新エネルギー財団が主催する令和元年度新エネ大賞において、当社が参画する島根県隠岐諸島での「『隠岐ハイブリッドプロジェクト』日本初の最新技術を活用した、地域一体での再エネ導入拡大」が「資源エネルギー庁長官賞」を、また、北海道釧路町の釧路町トリトウシ原野太陽光発電所への「短周期出力変動緩和対策を講じた大型蓄電池システムの導入」が「新エネルギー財団会長賞」を、自治体や参画企業と共同受賞しましたのでお知らせします。

「隠岐ハイブリッドプロジェクト」の設備

「隠岐ハイブリッドプロジェクト」の設備

「短周期出力変動緩和対策を講じた<br>大型蓄電池システムの導入」の設備

「短周期出力変動緩和対策を講じた
大型蓄電池システムの導入」の設備

受賞案件の概要

賞の名称 案件名称 共同受賞先
資源エネルギー庁長官賞 「隠岐ハイブリッドプロジェクト」
日本初の最新技術を活用した、
地域一体での再エネ導入拡大
中国電力株式会社、島根県、隠岐の島町、海士町、西ノ島町、
知夫村、日本ガイシ株式会社、株式会社 GSユアサ
概要

 電力系統が本州と連系していない隠岐諸島において、自然条件などにより発電量が大きく変動する再生可能エネルギー(風力、太陽光)の導入拡大を目的としたプロジェクトで、特性の異なる2種類の蓄電池を組み合わせた「ハイブリッド蓄電池システム」を設置し、電力品質の確保と導入コストの低減を実現するものです。

 当社は、「BLEnDer®RE」により、ハイブリッド蓄電池と内燃力発電機を統合制御する離島系統の電力品質を確保するシステムを構築し、再生可能エネルギー導入量を従来の約2,300kWから約8,000kWまで短期間で拡大することに貢献しました。

新エネルギー財団会長賞 短周期出力変動緩和対策を講じた
大型蓄電池システムの導入
株式会社大林組、株式会社 GSユアサ
概要

 天候の変化によって出力が急激に変動する太陽光発電の短周期での出力変動緩和を目的に、新たに開発した蓄電池システムを北海道釧路町の大規模太陽光発電所に導入したものです。

 当社は、「BLEnDer®RE」と蓄電池用パワーコンディショナーを設置し、太陽光発電の短周期出力変動を蓄電池の高速充放電制御で緩和することで、電力系統に与える影響を軽減しています。また、導入する再生可能エネルギーの容量に対する蓄電池の設備容量を最適化することで、設置・運用コスト低減に貢献しました。

  • 再生可能エネルギー拡大に貢献する蓄電池の監視制御を行うソリューションパッケージ

お問い合わせ先

・隠岐ハイブリッドプロジェクト

 三菱電機株式会社 電力流通システム事業部 電力流通システム計画部

 〒100-8310 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号

 E-mail:tdm.pgs@nb.MitsubishiElectric.co.jp

 

・短周期出力変動緩和対策を講じた大型蓄電池システムの導入

 三菱電機株式会社 発電・エネルギーシステム事業部 エネルギーシステム部

 〒100-8310 東京都千代田区丸の内二丁目7番3号

 TEL 03-3218-2615

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。

文字サイズ変更