ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2020年1月29日
開発No.2003

住宅用車庫に設置しやすく、太陽光発電の自家消費や災害時の電力確保に貢献

電気自動車用パワーコンディショナーの小型・高効率化技術を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、電気自動車(EV)の電気を家庭で使用する際に必要なEV用パワーコンディショナーにおいて、小型化と高効率化を両立する技術を開発し、試作開発した実証機において、従来比※1で、体積の約半減・電力損失の約30%削減※2を実現しました。小型化により住宅用車庫などの狭いスペースにも設置できるため、一般家庭への導入が容易になり、太陽光発電(PV)による余剰電力の自家消費や災害時の電力確保に貢献します。

  • ※1当社SMART Vehicle to Home(V2H) EVP-SS60B3-M7/Y7/Y7Wとの比較
  • ※20.5kW出力時の電力変換損失として

図1  EV用パワーコンディショナー(現行機と実証機イメージ)

図1  EV用パワーコンディショナー(現行機と実証機イメージ)

開発の特長

  1. 高速スイッチング化と新回路により、従来比約半減の小型化を実現
    • パワー半導体素子の高速スイッチング化によるパルス周期の短縮化と、「3レベルインバーター回路※3」の適用により入力電圧を低下。体積の多くを占めるEVや電力系統に電力を伝送するリアクトルを小型化
    • リアクトルの小型化と部品配置の最適化により、体積で従来比※1約半減を実現
    • ※3 3段階の電圧を使い、電力を出力する回路
  2. 高効率制御技術により、低出力時の電力損失を約30%削減
    • 出力約3kWのDC/DCコンバーター※4を2台使う構成とし、出力電力に応じてパワー半導体素子のスイッチング動作を最適化することで電力損失を削減する「高効率制御技術」を開発
    • 1kW以下の低出力時の電力損失を従来比※1約30%削減※2し、EVの蓄電池の有効利用に貢献
    • ※4Direct Current:直流。直流から直流に、負荷側の電圧等に変換する装置

今後の展開

 今後、小型で高効率なEV用パワーコンディショナーの量産化に向けた開発を進め、自然エネルギーの活用による低炭素社会の実現に貢献します。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所

FAX: (06)6497-7289

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。