ここから本文

ニュースリリース

テキスト版

掲載のデータは発表当時のものです。価格・仕様について変更する場合もございます。

2020年2月4日
開発No.2005

ビル管理の省力化と人・ロボットがビル内で安全に共存するスマートビルの実現に貢献

ビル内ダイナミックマップを用いた「モビリティ・ビル設備連携制御技術」を開発

印刷用ページへ

 三菱電機株式会社は、ビル内ダイナミックマップ※1を用いて、清掃・警備・配送・案内用サービスロボットや次世代型電動車椅子などのパーソナルモビリティの各種モビリティと、エレベーターや入退室管理システムといったビル設備を連携制御する技術を開発しました。モビリティと人の効率的かつ安全なビル内縦横移動が可能になり、ビル管理の省力化と人とロボットが安心に共存する「スマートビル※2」の実現に貢献します。

  • ※1当社が開発した、エレベーターや入退室管理システムなどのビル設備の状態、モビリティの位置情報、通行可能な経路情報などの動的な情報を付加したビル内の三次元地図
  • ※2IoTを活用し、省エネ/省人化を実現しながら人が安心できる環境で効率的な仕事を行える空間を提供するビル
モビリティの移動に合わせたアニメーションライティング

モビリティの移動に合わせたアニメーションライティング

開発の特長

  1. ビル内ダイナミックマップを用いた管制で、モビリティの効率的な移動を実現
    • ビル内ダイナミックマップを用いて複数モビリティに移動ルートやタイミングを自動で指示し、最適な移動経路に誘導
    • 各種モビリティの移動に合わせて、エレベーターや入退室管理システムといったビル設備を連携制御し、モビリティの効率的な縦横移動を実現
    • モビリティの位置やエレベーターの稼働状況を見える化し、モビリティの故障発生時などにビル管理者の業務負荷を軽減
  2. アニメーションライティング誘導システム※3との連携で、人の安全な移動を支援
    • モビリティのエレベーター乗降に合わせて、エレベーターホール床面にアニメーションライティングによる案内表示を行うことで、人に注意を喚起
    • モビリティが進む方向を事前に床面に表示し、人が安全にすれ違えるよう支援
    • ※3当社が開発中の、光のアニメーションを用いた動くサインを床面に表示することで、直感的でわかりやすい案内や注意喚起を実現し、施設利用者の安全でスムーズな移動を支援するシステム

今後の展開

 今後、デベロッパーやモビリティメーカーとの共同実証を通じて開発を進め、ビル利用者の安全に配慮したロボットの縦横移動を支援するサービスとして、2020年度以降の実用化を目指します。

お問い合わせ先
三菱電機株式会社 先端技術総合研究所

FAX: (06)6497-7289

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。