ここから本文

先進の高画質テクノロジーが、監視カメラの流れを変える。 MELOOK 3

もっとクリアに、もっとリアルに、もっとスマートな“高画質監視”へ MELOOK 3。

高画質監視からさらに一歩踏み込んだ“高精度な映像監視”へ。
セキュリティーニーズの高まりとともに、より品質・精度の高い監視が求められています。「MELOOK 3」は、鮮明画質と簡単設置で好評を博した「MELOOK μII」シリーズの特長を継承しつつ、基本機能や拡張性をさらに強化。急速に高度化し拡大する映像監視ニーズに、三菱電機の先進テクノロジーが応えます。

空間に調和しながら、抑止力を発揮

主な特長

“よく見えない”を減らす、MELOOK 3の先進技術

[フルHD]「画像が粗くて潰れる、細部がよく見えない」を減らす。顔の表情やお札や商品名もくっきりーフルHD。

フルHDの高画質と「新デジタル増感」、「スーパー・ファイン・ビューIII」により、さらに見やすい映像表示を可能にしました。

フルHDで隅々までくっきり

フルHDの高画質(1920×1080)で、監視エリアの隅々までくっきり表示。人物の顔やお札、商品名まで確認できます。 超解像技術で電子ズームの拡大時でも、きめ細やかな補正で高画質化を実現。

フルHDで隅々までくっきり

暗所や逆光でも見やすく表示

新デジタル増感により残像やブレの発生を抑えつつ最大16倍まで感度アップが可能。

スーパー・ファイン・ビューIII(SFVIII)により照度の異なる被写体や周囲の映像データを分析し、最適な画質を自動生成。さらに強化した新画像補正機能を標準搭載しています。

暗所撮影→新デジタル増感 逆光時→>スーパー・ファイン・ビューIII

[30fps]「映像のコマ飛びなどで、その瞬間がよく見えない」を減らす。
速い動きを撮り逃さないー16分割映像×30fps表示。

分割画面数に影響なく、なめらかなライブ・再生映像を実現※1。16分割表示時でも毎秒30コマ(30fps)のなめらかな動画で表示※2。速い動きもしっかりキャッチ、取り逃がしのない映像記録が可能です。

最大16分割・30fps表示 ※1 16分割・30fps表示は、ライブ・記録再生のいずれかとなります。
※2 16分割・30fps表示はMELOOK 3カメラ16台接続時に可能となります。

[最大32台]「カメラ台数が少なくて、死角が多い」を減らす。監視エリアを従来シリーズの2倍に拡大ーカメラ最大32台接続。

レコーダー1台に、直結でカメラ16台、HUB経由でさらに16台、合計32台のMELOOK 3カメラを接続可能。サブモニターの使用により、カメラ32台の映像を同時に表示※1。監視エリアが従来シリーズ(MELOOKμII)の2倍に拡大。

カメラ最大32台接続
※サブモニターはライブ映像の表示のみ可能です。
接続カメラ台数一覧
※画像はイメージです。