ここから本文

先進の高画質テクノロジーが、CCTV監視の流れを変える。 MELOOK 3

主な特長

既存の同軸ケーブルを活かし、エコにデジタル化を実現。

高画質・高機能なデジタル監視へ、低コスト・短期間でシステムアップ。

既存のアナログカメラ・システム用同軸ケーブルを有効活用し、カメラとレコーダーを取り替えるだけで、高画質・高性能なデジタルシステムへシステムアップできます。
工期短縮・低コストで、規模を選ばず監視システムのデジタル化を実現。ビル・マンション、流通店舗など様々なシーンで簡単にデジタル化できます。

高画質・高機能なデジタル監視へ、低コスト・短期間でシステムアップ。
※1 5C-2V時(ケーブル敷設環境により異なります。)

デジタル化のメリット

  • メガピクセル以上の高画質で、人物の顔やお札の種類もくっきり確認できます。
  • エントランスや出入口、通用口など、逆光になりやすい条件下でも来訪者の顔を確認できます。
  • 屋内駐車場や夜間など、暗いところでもデジタル増感により鮮明な画像で監視できます。
  • カメラ内蔵マイクからの音声も記録(最大16台)でき、高精細映像と音声記録の二重の監視でセキュリティーを強化できます。
デジタル化のメリット

同軸ケーブル対応カメラとフルHDカメラを最適配置。同軸とLANを併用する「2ウェイシステム」を実現。

同軸ケーブル接続のカメラとフルHDカメラを併用する、「2ウェイシステム」による導入が可能です。
  • カメラ接続台数は最大16台。同軸カメラ8台、LANケーブルカメラ8台を接続できます。
  • 既存の同軸ケーブルには同軸用カメラを接続し、新規の場所にはフルHDカメラを接続することで用途・目的に合った2ウェイの設置が可能です。
  • ワイドな画面に必要な機能を集約。見やすく操作が簡単なGUIで、監視エリア全体を効率よく確認できます。
  • 従来のスライドバー検索に加え、連続画面から検索できるサムネイル検索※2も装備。より早くさらに効率的な検索が可能です。
高画質・高機能なデジタル監視へ、低コスト・短期間でシステムアップ。
※2 サムネイル検索は、MELOOK 3カメラで記録の場合有効です。