ここから本文

三菱 プロジェクター

三菱のプロジェクターのアフターサービスについて

生産終了モデル(データプロジェクター)

Wide Model

LVP-WL7200【大会議室・講堂・ホール用】


LVP-WL7200 仕様表
モデル System Use(システム対応機種)
形名 LVP-WL7200
表示方式 透過型液晶×3
光学方式 色分離・プリズム色合成方式
表示素子 サイズ 0.75" 3-LCD
画素数 1280×800
1,024,000画素
投写レンズ ズーム※1 電動(1.8倍)
フォーカス調整 電動
レンズシフト 電動
焦点距離※1 f=24.0~43.2mm
F値※1 F=1.8~2.6
光源※2 高圧水銀ランプ 350W
画面サイズ(投写距離)※1 40~300 (100形=3.1m)
(投写距離 1.2m~9.5m)
明るさ※3 ※4 標準モード 5500lm
低モード 標準モード時の約75%
コントラスト比(全白/全黒)※4 2000:1(アイリス閉時)
音声出力 φ3.5ステレオミニジャック×1
スピーカー 10W×1
対応走査
周波数
水平 15-100kHz
垂直 50-120Hz
表示可能
解像度※4 ※5
コンピューター
信号入力時
最大入力
解像度
640×400~1280×800、1920×1200
パネル表示
解像度
WXGA 1280×800ドット
ビデオ信号
入力時
表示可能信号 NTSC、NTSC4.43、PAL、SECAM、
PAL-N、PAL-M、PAL-60
コンポーネント
信号入力時
表示可能信号 480i、480p、576i、576p、720p、1080i、1080p
パネル表示
解像度
WXGA 1280×800ドット
コンピューター
入出力
コンピューター
入力
映像 5BNC端子 1系統
ミニD-Sub15ピン端子
(RGBまたはY/CB/CRまたはY/PB/PR信号対応)
1系統
DVI-D(HDCP対応) 1系統
音声 φ3.5ステレオミニジャック 3系統
コンピューター
出力
映像 ミニD-Sub15ピン端子
(RGBまたはY/CB/CRまたはY/PB/PR信号対応)
1系統
音声 φ3.5ステレオミニジャック 1系統
[ビデオ出力と共用]
ビデオ入出力 ビデオ入力 映像 BNC 1系統
S-Video 1系統
HDMI 1系統
音声 RCA(L/R) 2系統
ビデオ出力 音声 φ3.5ステレオミニジャック 1系統
[コンピュータ出力と共有]
制御入出力/
その他
シリアル (RS-232C準拠)
[本体制御用]
D-Sub 9ピン 1系統
ワイヤード
リモコン
入力 ワイヤードリモート(in) 1系統
(φ3.5mm ステレオミニジャック)
出力 ワイヤードリモート(Out) 1系統
(φ3.5mm ステレオミニジャック)
LAN LAN(RJ-45) 1系統
使用温度 5~40℃(平地モード:全角度)
5~30℃(高地モード:床置き/天吊り時)
使用湿度 30~90%
電源 AC100V 50/60Hz
消費電力 560W
外形寸法
(幅×高さ×奥行:脚部含む、ただし本体突起部含まず)
481×179×418mm(本体のみ)
481×179×502mm(ターミナルカバー装着時)
質量 10.5kg(本体のみ)
11.0kg(ターミナルカバー装着時)
付属品 電源コード 2.9m
変換アダプター
リモコン
単3乾電池 2本
コンピューターケーブル
シリアル (RS-232C準拠) ケーブル 1.8m
ターミナルカバー
ユーザーマニュアル
レンズリング
※1表示値は実際と数%誤差を生じることがあります。
※2プロジェクターには内部圧力の高い高圧水銀ランプを使用しています。このランプは、その性質上衝撃や使用時間の経過により大きな音を伴って破裂したり、不点灯状態になることがあります。なお、破裂したり、不点灯に至るまでの時間はランプの個体差や使用条件によって大きな差があります。
※3出荷時における本製品全体の平均的な値を示しており、JIS X 6911:2003 データプロジェクターの仕様書様式に則って記載しています。測定方法、測定条件については附属書2に基づいています。
※4設定条件により異なる場合があります。
※5Sync on green 対応の信号は、画面が少し揺れることがあります。

ページトップへ戻る

トップページ
データプロジェクター
アフターサポート(Diamond View Club / 保守サービス)
修理相談窓口/お問い合わせ
環境に対する対応について
生産終了モデル
補修用性能部品/対応ランプ保有期限
ホームシアタープロジェクター
修理相談窓口/お問い合わせ
生産終了モデル
補修用性能部品/対応ランプ保有期限