企業情報新卒採用

テキスト版ページへ

  • ツイート
  • いいね!
  • メールで送信する
印刷用ページへ
鎌倉製作所鎌倉製作所

製作所

鎌倉製作所

高度な技術で
未来社会を創造する


概要

宇宙開発のリーディングメーカー

鎌倉製作所は、1962年に関東における最先端のエレクトロニクス開発・生産の拠点として操業を開始した。そして1976年、日本初の電離層観測衛星の打ち上げに成功し、宇宙開発のリーディングメーカーとしての礎を築く。その後、現在まで約40年間、気象観測・通信・測位衛星・宇宙機の開発と運用成功など、国内外を問わず様々な分野の人工衛星や、その搭載機器の開発・製造を手がけている。
さらに、貴重な周波数「ミリ波」に注目し、人工衛星に搭載する地球観測機器や自動車搭載の前方監視レーダーなど、様々なミリ波利用製品の開発にも取り組んでいる。

拡大する宇宙事業

ここ数年でGOSAT、準天頂衛星、HTV初号機~5号機などの宇宙航空研究開発機構(JAXA)向け衛星の打ち上げや、Superbird-C2、ST-2などの商用衛星の打ち上げ・運用成功を継続しており、現在12機の衛星が軌道上で順調に運用され、観測・通信・測位など様々な役目を果たしている。
今後も最新テクノロジーを駆使し、マルチメディア情報処理技術と宇宙・防衛システムとの融合を図る。また、位置情報ソリューションサービスなど保有する多様な技術を活かしたシステムの提供で、社会をより豊かにするインフラの構築に貢献していく。

業務内容

誘導飛しょう体システム、火器管制システム、情報・通信・指揮システム、人工衛星、人工衛星搭載機器、衛星通信用地上設備、ITS、DSRC応用システム、統合セキュリティー、LBS、高精度測位応用システム、三次元GIS


所在地
鎌倉製作所
鎌倉製作所

〒247-8520 
神奈川県鎌倉市上町屋325番地

地図を見る新しいウィンドウが開きます

鎌倉製作所(郡山工場)

〒963-0215 
福島県郡山市待池台一丁目21番地
(郡山西部第二工業団地内)

地図を見る新しいウィンドウが開きます

鎌倉製作所(相模工場)

〒252-5295 
神奈川県相模原市中央区宮下一丁目1番57号

地図を見る新しいウィンドウが開きます

ページトップへ戻る


CLOSE-UP PRODUCTS

気象現象に加え、地球環境の監視機能を持つ衛星

ひまわり8号/9号

静止気象衛星のひまわり8号と9号は、当社が2006年に納入したひまわり7号(運輸多目的衛星:MTSAT-2)の後継機である。ひまわり7号に用いた信頼性の高い当社標準衛星プラットフォーム「DS2000」を高性能化し、世界最先端の観測能力を有するセンサー(可視赤外放射計)を搭載し、気象予報の精度向上が期待されている。8号は2014年10月に打ち上げられ、2015年7月より本格運用を開始した。9号は2016年11月に打ち上げに成功した。

関連リンク:宇宙システム新しいウィンドウが開きます

気象現象に加え、地球環境の監視機能を持つ衛星
ひまわり8号/9号

厳しい国際競争を勝ち抜いて受注

Turksat-4A/-4B

「Turksat-4A」及び「Turksat-4B」は、トルコの国営衛星通信会社から受注した通信衛星。「ST-2」に続く海外商用衛星であり、海外衛星メーカーとの厳しい受注競争を勝ち抜いたものである。4Aは2014年2月、4Bは2015年10月に打ち上げを完了した。世界の商用通信衛星市場は今後も平均年間20機と堅調な需要が見込まれており、当社も積極的な海外展開を進める。

関連リンク:宇宙システム新しいウィンドウが開きます

厳しい国際競争を勝ち抜いて受注
Turksat-4A/-4B

地球の安全を見守る観測技術衛星

だいち2号

陸域観測技術衛星第2号の「だいち2号」については、宇宙航空研究開発機構(JAXA)とともに開発を行い、2014年5月に打ち上げを完了した。だいち2号は前号機である「だいち」の合成開口レーダーの性能を向上し、地球規模の災害状況把握に加え、国土管理や資源管理などの多様なニーズに利用を拡大する。だいち2号のLバンド合成開口レーダー(PALSAR-2)は3.6×10mの大型展開アンテナを有し、1~3mの高分解能と広域観測(~490km)を実現する。衛星バスシステムでは、当社の持つ豊富な軌道上開発実績に基づく自律化機能を備えた先進システムを搭載、地上系システムと連携することで迅速な災害観測を実現する。

関連リンク:宇宙システム新しいウィンドウが開きます

地球の安全を見守る観測技術衛星
だいち2号

地上からISSに物資を補給

宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)

国際宇宙ステーション(ISS)まで無人で自動接近飛行する補給機。ISS交換部品、実験機器、宇宙飛行士の日常品などの物資を運び、補給後は使用済みの実験機器や衣類などを積み込み、大気圏に再突入して廃棄。
三菱電機は全体システム設計を三菱重工と担当し、2009年の初号機に始まり、現在までに6機をH-ⅡBロケットで打ち上げ、ISSとのドッキング及び物資輸送を完了した。今後も毎年ほぼ1機の打ち上げを計画している。

関連リンク:宇宙システム新しいウィンドウが開きます

地上からISSに物資を補給
宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)

自動ブレーキで安全交通社会作り

車載ミリ波レーダー用モジュール

車載ミリ波レーダーは自動車に搭載して前方を監視するセンサーであり、自動ブレーキや車間距離を一定に保って走行するオートクルーズなどに用いられている。
他のセンサーであるカメラやレーザー、レーダーと比較して、ミリ波レーダーは検知距離が長く、検知性能が天候に左右されにくいという特徴を有する。ミリ波レーダー用モジュールは、アンテナ/電波送受信/デジタル信号処理を一体化したもので、ミリ波レーダーのキーパーツである。鎌倉製作所は保有する優れた高周波回路技術やアンテナ技術により、2003年からミリ波レーダー用モジュールを量産している。小型化、低コスト化開発の成果と市場の需要増加を受けて、ミリ波レーダー用モジュールの生産数量は急拡大する見込みである。

関連リンク:三菱電機自動車機器新しいウィンドウが開きます

自動ブレーキで安全交通社会作り
車載ミリ波レーダー用モジュール

安全・快適な道路交通環境を実現

高度道路交通システム「ITS」

ITS(Intelligent Transport Systems)は、人・交通・車両を有機的に結びつけることで、渋滞・交通事故の低減や利用者の快適性向上を目的とした新しい概念の交通システムの総称。鎌倉製作所が関わる技術の一つが、DSRC応用システム。DSRCとは専用狭域通信技術で、5.8GHz帯の電波を使用し、限定されたスポットにおいて最大4Mbpsの転送速度で双方向通信を行うことができる。この通信方式は、既に全国のETCに使われている。

関連リンク:高度道路交通システムITS新しいウィンドウが開きます

安全・快適な道路交通環境を実現
高度道路交通システム「ITS」

ページトップへ戻る


TOPICS

歴史

鎌倉製作所は1968年に打ち上げられたINTELSAT以降、現在まで約45年間、国内外を問わず様々な分野の人工衛星や、その搭載機器を製造してきました。今日までに培った実績や技術を活かし、これからも世界の宇宙事業に貢献すべく邁進してまいります。

歴史

世界の宇宙事業に貢献する三菱電機

受賞歴

2009年9月に国際宇宙ステーション(ISS)にドッキングを果たした宇宙ステーション補給機「こうのとり」(HTV)において、当社は「人工頭脳」に相当する電気モジュールを開発したことが高く評価され、2010年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)他関連企業連名で、日本産業技術大賞の「文部科学大臣賞」を受賞しました。

受賞歴

宇宙ステーション補給機「こうのとり」

付帯施設について

社員の安全で健康な暮らしを支えるため、鎌倉製作所には社宅・独身寮(男子寮、女子寮)や運動場(グラウンド・テニスコート)といった付帯施設があります。写真は若手男性社員が利用している男子寮で、現在約700人が入居しています。寮での仕事の枠を超えた交流は、社員同士の絆を深めることに一役買っています。

付帯施設について

男子寮外観

地域コミュニケーション活動

毎年、夏の恒例行事として「サマーフェスティバル」を会社グラウンドで開催しています。模擬店をはじめ、本格神輿祭り、仮装コンテストなど、様々な催しを企画。社員だけではなく地域住民の方々と一緒になって大いに盛り上がり、夏の暑さを吹き飛ばしています。

地域コミュニケーション活動

神輿祭りの様子

最寄の名所・観光スポットなど

鎌倉には長谷の大仏や鶴ヶ丘八幡宮など由緒ある神社仏閣や遺跡が散在し、歴史ある街並みが残るほか、ヨットや釣り、サーフィンなどのマリンスポーツを楽しめる湘南海岸や江の島が近くにあり、国内外から年間約1,900万人もの方々が観光で訪れます。

最寄の名所・観光スポットなど

湘南海岸

土地の名産

鎌倉彫り、鎌倉ハム、鳩サブレなども人気ですが、特にシラスが有名です。湘南で朝に獲れた新鮮な生シラスは身が綺麗に透き通っていて、プリっとした食感、やさしい汐の香りとほのかな甘みが楽しめます。刺身でもシラス丼やかき揚げにしてもおいしいです。

土地の名産

湘南で獲れる生シラス

ページトップへ戻る