企業情報新卒採用

テキスト版ページへ

印刷用ページへ
受配電システム製作所受配電システム製作所

製作所

受配電システム製作所

次世代を拓く
受配電設備のマザーシップ


概要

電力インフラの安定供給に貢献

1979年に36kV以下の開閉装置の製造拠点として設立された受配電システム製作所は、現在、84kV以下の受配電システムの一貫生産拠点に成長し、社会を支える電力インフラの安定供給に貢献している。
受配電システムとは、発電所から送られてきた電力を受け、コントロールし、工場やビルの隅々まで確実・安全に送るもので、三菱電機はこのシステム分野において圧倒的な競争力を誇る。なかでもユーザーから高い評価を得ている真空遮断器を始め、工場・ビル・公共プラント・発変電プラント・鉄道変電所などの受配電設備とそれらの制御・監視システムを、受配電システム製作所が担当している。

グローバル市場へ積極的に進出

受配電システム製作所は、電力インフラの工場として省エネに貢献する製品を提供することはもちろん、生産活動においても、太陽光発電の導入やエネルギー使用量の見える化など、省エネモデル工場としてCO2排出量削減に取り組んでいる。
また、“世界トップグループのプレーヤー”を目指し、中国・米国・インドネシアの生産拠点と連携した製品供給、経済の発展が著しい中東・アジア地域への拡販活動を展開。グローバル市場の開拓を積極的に推進している。

業務内容

受配電システムエンジニアリング、84kV以下開閉装置及び遮断器、真空バルブ、監視制御盤、コントロールセンター、受配電監視制御システム、開閉装置用電子機器、保全支援システム

所在地
受配電システム製作所
受配電システム製作所

〒763-8516 
香川県丸亀市蓬萊町8番地

地図を見る新しいウィンドウが開きます

ページトップへ戻る


CLOSE-UP PRODUCTS

様々な受配電設備にフレキシブルにフィット

スイッチギヤ

3.6~84kVの受配電設備で使用される配電盤で、遮断器、計測・制御・保護機器を搭載。総合技術力によって受配電設備の近代化、ネットワーク化を実現し、業界をリードしている。ガス絶縁開閉装置(GIS)においても三菱電機はキュービクルタイプのコンパクトな製品を開発し、2000年には地球温暖化抑制のためSF6ガスを使用しない乾燥空気(ドライエアー)を用いた新型スイッチギヤを発表した。また72/84kV級縮小変電所(C-GIS)は国内シェア約30%を維持している。

※ 2014年 JEMA調べ

関連リンク:受配電設備新しいウィンドウが開きます

様々な受配電設備にフレキシブルにフィット
スイッチギヤ

世界のニーズに対応できる多彩なラインアップ

遮断器

3.6~84kVの幅広い電圧階層で事故電流を遮断するのが遮断器。電圧・用途により真空、ガス、気中式があり、多くの種類を生産している。2014年3月には遮断器の累計生産台数が100万台を突破した。また、2015年6月には宇宙空間並みの高真空を保った容器内に電極を構成する、「真空バルブ」の累計生産本数が400万本に到達した。三菱電機は1965年に国内で初めて真空遮断器の量産化に成功。過酷な使用条件の下でも優れた性能を発揮する、長寿命・高品質の製品を送り出している。

関連リンク:三菱電機FAサイト新しいウィンドウが開きます

世界のニーズに対応できる多彩なラインアップ
遮断器

使いやすさを追求したB形コントロールセンター

コントロールセンター

工場や発電所などで使われる複数のモーターを1ヶ所で制御するモーターコントロールセンターは、三菱電機が業界に先駆けて開発し、国内トップシェアを誇っている。ポンプや機械類などに多数使用されるモーター群の運転状態の監視・制御のみならず、お客様目線で“見る・触る”のマンマシンインターフェースを見直した、視認性・操作性・メンテナンス性に優れた、“使いやすさを追求したコントロールセンター”である。

※ 2014年 当社調べ

関連リンク:受配電設備新しいウィンドウが開きます

使いやすさを追求したB形コントロールセンター
コントロールセンター

一目瞭然の運転監視で、24時間万全を図る

受配電監視制御システム

受配電設備の運用の効率化と省エネルギーを図る受配電監視制御システム。電力需要においては、電力の自由化の進展に伴い、コジェネレーション・大容量電池などを利用した分散電源システムの高信頼度運用による電力供給の安定化とトータルエネルギーコスト削減、設備運用の効率化・保守の省力化によるライフサイクルコスト低減のニーズがある。通常の運転時の監視制御や故障時・停電時の自動処理、さらには保全の省力化なども含む監視制御をトータルに行い、設備運用の合理化を図る。

関連リンク:三菱電機FAサイト新しいウィンドウが開きます

一目瞭然の運転監視で、24時間万全を図る
受配電監視制御システム

世界に先駆けた技術で保全に貢献

MT法による絶縁物の劣化診断・余寿命推定技術

配電盤に使用される絶縁物表面のイオン付着量と色彩に着目し、統計的な品質工学手法であるMT法による解析、湿度特性や放電特性を加えた分析を行うことで、絶縁物の寿命を推定する技術を確立 (2007年特許取得)。絶縁物は使用環境の影響を受け、時間の経過とともに品質・性能が低下し、ひいては事故を引き起こす可能性がある。絶縁物の状態を定量的に把握し、配電盤の保全や更新計画をサポートすることで、事故を未然に防止し、電気の安定供給に貢献している。

関連リンク:受配電設備新しいウィンドウが開きます

世界に先駆けた技術で保全に貢献 MT法による絶縁物の劣化診断・余寿命推定技術

ページトップへ戻る


TOPICS

歴史

1979年に丸亀の地にて36kV以下の開閉装置製造拠点として産声を上げ、2014年4月に35周年を迎えました。現在は、84kV以下の受配電システムの一貫生産拠点に成長し、社会を支える電力インフラ安定供給に貢献しています。

歴史

受発電システム製作所の社員

環境への取組

電力インフラの工場として省エネに貢献する製品を提供することはもちろん、エネルギー使用量の見える化や、合計360kWの太陽光発電システムを増設するなど、当社の省エネモデル工場として、CO2排出量削減に取り組んでいます。

環境への取組

工場敷地に設置されている太陽光発電システム

次世代電力システムの主要拠点

当社では発電・蓄電された直流電力を交流に変換することなく、そのまま供給・利用することで系統全体の消費電力を削減することができる「スマート中低圧直流配電システム」の事業展開を開始。2016年7月から稼動開始した当製作所の「中低圧直流配電システム実証棟」が主要拠点となり製品開発を進めています。

次世代電力システムの主要拠点
最寄の名所・観光スポットなど

“扇の勾配”と呼ばれ、石垣の高さが日本一といわれる丸亀城。石垣の高さと美しさから「日本の100名城」に選ばれています。柔らかな瀬戸の風光に抱かれて、歴史と未来が交錯する街・丸亀に、受配電システム製作所はよき企業市民として根付いています。

最寄の名所・観光スポットなど

丸亀城

土地の名産

やはり、いわずと知れた「さぬきうどん」が有名です。週末にはさぬきうどんを目当てに、他県からの観光客が有名なうどん屋に行列を作り、もちもちとして弾力とコシのあるおいしいさぬきうどんに舌鼓を打っています。

土地の名産

さぬきうどん

その他

当製作所は、日本のみならず、グローバル市場の開拓に取り組んでいます。中国・アメリカ・インドネシアの生産拠点と連携した製品供給、経済の発展が著しい中東・アジア地域への積極的な拡販活動の展開など、活躍のフィールドは全世界に広がっています。

その他

西電三菱電機開関設備有限公司(XMS)
[中国・西安]

ページトップへ戻る