企業情報新卒採用

テキスト版ページへ

印刷用ページへ
事務系 2011年入社 藤田望 中津川製作所営業部

事務系 2011年入社

藤田望

中津川製作所
営業部

就活をしていた頃は、
6月卒業の私が、新卒扱いされるのか不安でした。

10月入社制度を利用した理由は?

環境学を学びに大学3年生の時に交換留学でアメリカに行きました。留学を満喫して2010年の6月に帰国してみると、同学年の友人たちは就職活動を既に終えている状況でした。卒業研究の関係もあり、大学卒業が2011年6月になったので、2012年3月卒業の学生(つまり一つ学年が下の学生)と一緒に就職活動をすることに。6月卒業の制度は一般的でありませんし、自分が新卒扱いされるのかというのは本当に不安でしたね。たくさんの会社にエントリーしましたが、7月に三菱電機の人事部の方からのメールで10月入社制度を知り、すぐに応募し内定をいただきました。

10月入社制度のいいところは?

10月入社の制度が初めてだったこともあって、周りの先輩が「10月入社の藤田さんでしょ」とすぐに覚えていただけたのはよかったです。「なんで10月入社なの?」と聞かれることも多くて、それをきっかけに自分のバックグラウンドを話したりして打ち解けるきっかけにもなりました。同期もいろいろなバックグラウンドの人がいて、刺激になりますし、研修が一緒だったので連帯感も強いですね。いまでも週末はよく一緒に遊んでいます。
ただ、研修期間が4月入社に比べて短かったので、製品のパンフレットを自宅に持ち帰って読み込むなど、自発的に勉強していく必要がありました。


いま、どんな仕事をしている?

ヒートポンプ式温水暖房システムやダクト式換気空清機などの製品の営業企画をしています。販売会社の人と一緒になって、ホームページやカタログ、展示会などを通じて売れる仕組みをどう作るかを考える仕事です。将来は海外経験を活かしてグローバルな営業、特に公共系の仕事をしたいと思っていますが、とにかく今はそれだけの実力をつけるために、先輩から営業の極意を学ぶ日々です。

ページトップへ戻る