企業情報新卒採用

印刷用ページへ

MITSUBISHI ELECTRIC RECRUITING 2020 理想と、競おう。

技術系 2007年入社 機械系専攻 川端 亮平 冷熱システム製作所 製造管理部 生産技術技術系 2007年入社 機械系専攻 川端 亮平 冷熱システム製作所 製造管理部 生産技術

技術系 2007年入社

機械系専攻

川端亮平

冷熱システム製作所
製造管理部
生産技術

※記事、所属・役職及び写真は取材当時のものです。

トライ&エラーの先に、 世界初の技術が
きっとある。


研究よりも現場主義。製品化にかける想い。

学生時代の研究テーマは、非平衡プラズマを用いたVOC(揮発性有機化合物)の除去技術でした。メーカーの生産過程などで放出される大気汚染の原因となる有害物質を、プラズマを用いて無害な物質に分解する研究です。他の研究室と違ったのは、対外活動が多かったことです。医療機器メーカーと共同で研究開発を行ない、具体的な製品化に携わってきました。この経験から、基礎研究よりも直接モノに触れる製品開発に強く興味を持ちました。三菱電機には、自分の研究テーマにマッチした研究所もありましたが、それよりも製品づくりの現場である製作所での勤務を希望しました。

様々な研究所や製作所をまわりましたが、和歌山の冷熱システム製作所では、現場主義をより強く感じ、配属を希望しました。決められた範囲の業務に携わるよりは、一人ひとりに与えられる仕事の範囲が広い製作所で現場と深く関わっていきたいと思ったからです。もちろん大変なこともありますが、今振り返ると、その選択は間違っていなかったと感じています。入社以来、『空調機をコントロールする制御機器』に使われる基板の、はんだ付け技術に取り組んでいます。基板は様々な製品に使われているので、自分の専門以外の領域を経験することで学べる点も多いです。私も、三菱電機全体の製造を支援する生産技術センターへ行き、1年間OJTで勉強させてもらうなど、空調機以外の基板技術も経験させてもらいました。違う考え方や視野を身につけ、さらに技術を進化させていきたいと考えています。

研究よりも現場主義。製品化にかける想い。

絶対に譲らない。「品質」への取り組み。

最近では、既存設備の改良による新機種開発の動きが活発化しています。これまで蓄積されたノウハウをベースに、新しいことを試しながら技術を進化させていく。今はまだ確立されていないような技術開発が求められる場面も増えています。また、これからは国内だけでなく、海外向けを視野に入れた技術開発が必須となります。実際にタイなどの海外へ行き、現地での生産ライン立ち上げの支援も行なっています。生産ラインの立ち上げにおいて重要なことは、設備の準備はもちろんですが、現地で働く社員のみなさんに三菱電機の品質に対するこだわりを理解してもらうことです。海外の現地スタッフとのコミュニケーションは価値観や志向の違いから苦労することも多くありますが、根気よく話すことで必ず伝わります。意識をお互いに高めあい、さらに海外での生産性を高めていきたいと考えています。

絶対に譲らない。「品質」への取り組み。絶対に譲らない。「品質」への取り組み。

三菱電機全体の技術力を底上げするワーキング活動に参加。

技術は常に進化し続けています。世の中の動きを見て、常に技術力を更新していかないと、世界から遅れをとってしまいます。そのため、三菱電機では業界の動向分析や情報収集、部署を超えた技術の共有などの取り組みの一つとして、ワーキングと呼ばれる全社会議を実施しています。各製作所から代表一人が集まって課題や要求を持ち寄り、挙がったテーマごとにサブワーキングというグループを組んで課題解決に取り組みます。私も製作所・製品の枠を超えた情報共有や連携ができるこの活動に興味があり、自ら立候補して参加させてもらいました。ここで得られる知識やノウハウ・人脈は、自分の担当する製品の向上にとても活かされています。この活動は、三菱電機全体の技術力向上に関わる取り組みであり、冷熱システム製作所の代表として大きな責任を感じています。

三菱電機全体の技術力を底上げするワーキング活動に参加。三菱電機全体の技術力を底上げするワーキング活動に参加。

その技術は、全製品に、世界に、影響を与える。

ワーキング活動は、第一線で活躍されている専門家の方ばかりが参加しているので、とても貴重な経験をさせてもらっています。今はその中で、サブワーキングのリーダーに選ばれ、課題解決に向けて率先して進めているところです。基板はあらゆる製品に使われています。その技術は製作所を超え、製品の隔たりがありません。だからこそ、他の製作所とコミュニケーションを取ることを大切にしていきたいと考えています。今はまだない新技術を導入できれば、三菱電機全体の製品開発にもつながっていくと信じています。今はまだ試行錯誤段階ですが、いつか、きっと、三菱電機全体でシナジー効果を発揮できるような、世界初の技術を生み出していきたいです。

その技術は、全製品に、世界に、影響を与える。

川端 亮平5年後の目標 世界初の基板製造技術を開発し業界の常識を覆す! 川端 亮平

Career Profile

2007年
入社。冷熱システム製作所にて空調機の基板のはんだ付け技術に取り組む。
2010年
三菱電機全体の課題解決や研究開発を行なう生産技術センターに1年間OJTとして派遣。空調機以外の製品に触れ、新たな視野で開発に挑んでいく。
2011年〜
冷熱システム製作所の製造管理部に戻り、国内製品の技術開発や海外工場の立ち上げを行なっている。

ページトップへ戻る