ここから本文

  • 三菱電機のセキュリティー
  • テキスト版ページへ

暗号の歴史 STAGE3 第一次世界大戦 Total Security Solution

~戦争と暗号~
20世紀に入り世界は大きく揺れ動き始めます。19世紀末にマルコニーにより無線機が発明されると、暗号の重要性はさらに大きくなり、より優れた暗号が求められました。

1914年 ドイツの通信ケーブル切断

第一次世界大戦が開戦されたこの年、イギリスはドイツへ先手を打っていました。イギリスのケーブル敷設船テルコニア号がドイツの海外用海底通信ケーブルを切断したのです。このため、ドイツ軍は国際ケーブルか無線を使うしかなくなり、敵国からの傍受を避けるためにドイツの通信はすべて暗号化されました。イギリスは暗号解読のために専用機関を設置して、ドイツの暗号を解読していくのでした。

1917年 諜報員H21号、マタハリ処刑

妖艶なダンサー、マタハリはベルリンやパリで話題となり大成功を収めます。彼女がヨーロッパの上流階級の社交場に出入りするようになると、フランス情報部はドイツの情報をスパイするよう依頼しますが、あるときからマタハリはフランスを裏切り、ドイツにも情報を流す2重スパイになったと言われています。しかし具体的な証拠はなく、マタハリが本当に2重スパイだったのか疑問視されています。
世紀の女スパイ・マタハリ逮捕のきっかけは、暗号の解読でした。英国海軍省暗号室(通称、40号室)が傍受したマドリッド駐在のドイツ武官とベルリンとの交信に、諜報員H21号への活動指示がありました。英国から連絡を受けたフランスは、諜報員H21号がマタハリであることをつきとめ、1917年にドイツのスパイとして処刑したのです。

1917年 ツィンマーマン暗号

暗号が解読されたことにより、歴史が大きく変わることがあります。ドイツの外相アルツール・ツィンマーマンの暗号がその一つの例です。1917年、ドイツは連合国との開戦を決意します。ツィンマーマンは、アメリカの参戦を防ぐためにある画策を思いつきます。それは、メキシコと日本をそそのかしてアメリカを攻撃させ、アメリカのヨーロッパへの戦争介入を防ごうというものです。ツィンマーマンは、メキシコ駐在ドイツ大使にこの工作にあたるよう暗号電報を出しますが、英国海軍省暗号局によって解読され、アメリカ合衆国大統領ウィルソンに伝えられます。英国は、ドイツの暗号解読に成功していることを秘密にしたかったので、暗号電報はアメリカが入手し、解読したことにしました。
この事件を機にアメリカの世論は一気に動き、アメリカはドイツに宣戦を布告したのです。

1918年 ADFGX暗号

1918年、フランス軍通信部がドイツの無線通信を傍受していると、ある日突然どの通信文も5種類の文字しか登場しなくなりました。これは、ドイツ軍のフリッツ・ナベル大佐が考案したADFGX暗号でした。これは、アルファベット26文字を5×5のマス目に入れ(iとjは同じマスに入れる)、行と列にはADFGXの5文字を書いて、1つの文字を2つの文字に置き換える暗号です。ADFGXの5文字が使われた理由は、モールス信号で送信する際に、この5文字がいちばん識別しやすいためでした。「MISTY」を暗号化すると「FDDGGFGGXG」となります。

問題 1903年 シャーロック・ホ-ムズの暗号

皆さまご存じの名探偵、シャーロック・ホームズ・シリーズ(コナン・ドイル著)には、度々暗号が登場します。小説『踊る人形』でホームズは、アルファベットを踊る人形に変換した暗号文を解読しています。
※旗をもっている人形は、単語の区切りを印しています

※ 「踊る人形」の図は原作をもとに三菱電機が作図したものであり、若干異なる部分があります
※ 暗号問題の中で使用している人形のうち、原作に登場していない人形は三菱電機が作図したものです

暗号解読にチャレンジ!

この暗号の中には上に出てこない人形もいますが、ホームズの解読をヒントに推理を働かせて、下の暗号を解読しよう!

<ヒント>春と秋のあいだ

暗号を解読して得た解答は英単語6文字です。

出題暗号

正解は…?

お問い合わせ
セキュリティーに関する ご相談、お問い合わせは こちら
お問い合わせ(新しいウインドウが開きます)
メールマガジンのご案内
セキュリティーに関する新製品やイベント情報を提供いたします。

▲ ページトップに戻る