ここから本文

  • 三菱電機のセキュリティー
  • テキスト版ページへ

映像情報自体もしっかり守れる監視カメラシステム Total Security Solution

監視カメラの記録映像、実は不用意に見られてませんか?
ネットワークカメラシステム「MELOOK3(メルックスリー)」なら、記録映像を見る際にパスワード管理で操作範囲を制限できます。さらに記録媒体にコピーする際の暗号化も可能です。

例えばその1

店舗のバックヤードで見られる監視映像だが、普段必要ない操作は制限したい…。

解決方法は

パスワードで制限!

「MELOOK3」なら、個人別に操作範囲を制限できます。
通常は常時録画を画面確認できる状態ですが、気になる状況が発生した際はカメラ操作をしたり、記録映像の確認を行います。
この操作環境の良さも「MELOOK3」のメリットですが、さらに安心・便利なのが、一人ひとりに操作範囲を制限できることです。
パスワード管理で3段階の操作レベルを設定できるので、例えば、アルバイトなどはカメラ切り替えまで、店長・チーフクラスは記録映像の確認、オーナーや本部担当は記録媒体へのコピー、といったことが可能です。

「監視カメラシステム」はこちら

資料請求・お問い合わせはこちら(新しいウインドウが開きます)

例えばその2

記録媒体に映像コピーしてるが、情報漏えいが心配…。

解決方法は

映像データを暗号化!

「MELOOK3」なら、当社独自の暗号化技術「MISTY(ミスティー)」での暗号化ができるので、第三者に閲覧されるリスクを無くします。
例えば小売店やレストランなど、記録映像内の来店者の導線、行動を分析して運営に活かすことがありますが、このために映像をコピーすることがあります。
もちろん個人が映っているので、不必要な閲覧や漏えいは防がなければなりません。
MISTYシリーズはISO標準暗号にも採用され、映像データ用の「BROUILLARD(ブルイヤール)」はギガクラスのデータを高速で転送できます。
これにより、容易なデータコピーで、漏えいを防ぐことが可能です。

「監視カメラシステム」はこちら

資料請求・お問い合わせはこちら(新しいウインドウが開きます)

お問い合わせ
セキュリティーに関する ご相談、お問い合わせは こちら
お問い合わせ(新しいウインドウが開きます)
メールマガジンのご案内
セキュリティーに関する新製品やイベント情報を提供いたします。

▲ ページトップに戻る