このページの本文へ

ここから本文


半導体・デバイス

産業・ディスプレイ用発光素子産業・ディスプレイ用発光素子

概要

プロジェクターの光源には、ランプ光源と比べて表示できる色の範囲(色域)が広い発光ダイオード(LED※1)や半導体レーザーが用いられています。半導体レーザーはLEDに比べて低消費電力で高出力なほか、開放F値※2の大きな光学系が使用でき、焦点調整の不要なプロジェクターを構成できる利点があります。

当社は、カラープロジェクター用に鮮やかな赤色で視感度が高い波長638nm、出力3.5W(パルス駆動時)のマルチモード半導体レーザーを提供しています。

  • ※1
    LED:Light Emitting Diode
  • ※2
    開放F値:maximum aperture

特長

高出力/ 低消費電力/ 広温度動作

主な用途

プロジェクター用光源

New Products
638nm赤色高出力半導体レーザー ML562G86

638nm赤色高出力半導体レーザー ML562G86
  • 世界最高パルス駆動光出力3.5WにおいてMTTF
    (Mean Time To Failure)20,000時間以上を達成
  • 広い動作温度範囲(ケース温度0~45℃)の実現により
    プロジェクターの小型化・低コスト化に貢献

セレクトマップ

赤色LD

赤色LD ML501P73 ML501P73 ML501P73 ML562G84 ML562G84 ML562G84

★★:開発中

データシート

産業・ディスプレイ用発光素子のデータシートがご覧いただけます。


印刷用ページへ