ここから本文

まずはココから
太陽光発電のしくみ

太陽電池を使って発電した電気は、パワーコンディショナにより直流電力から交流電力に変換することで、ご家庭内のさまざまな家電製品で使うことができるようになります。また、発電した電力量がご家庭で使用している電力量を上回った場合は、電気を電力会社に売ることができます。反対に、曇りや雨の日など発電した電気が足りない場合や夜間などは、従来通り電力会社から電気を買います。売買の切替は自動で効率よく行われます。

1 太陽電池モジュール

太陽光のエネルギーを受けて、太陽電池モジュールが直流電力を発電します。

太陽電池モジュールはこちら

2 接続箱

太陽電池モジュールで発電した電気をまとめて、パワーコンディショナに送るための装置です。雷(誘導雷)などの過電圧からも保護します。

接続箱はこちら

3 パワーコンディショナ

太陽電池モジュールで発電した直流電力を、家庭で使える電気(交流電力)に変換します。

パワーコンディショナはこちら

4 分電盤

パワーコンディショナで変換された電気を、家庭内の配線に分配します。

5 売電用/買電用メーター

売電用メーターは、家庭で使い切れず電力会社へ売られた電力量を計測。買電用メーターは、夜間や雨の日などに電力会社から買った電力量を計測します。

6 モニター

発電量や売電量、消費電力量等を手軽にチェックできます。
※モニター画面はハメ込み合成です。

モニターはこちら