ここから本文

太陽光発電について知ろう!

全国各地、あなたの街でも、しっかり発電量を確保。

太陽の光で発電する太陽光発電は、地域や季節、設置方位などの地理的条件や気象条件・設置条件などにより、発電量が異なります。

全国の年間推定発電量
●独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構/財団法人日本気象協会「年間月別日射量データベース(MONSOLA-11)」(平成24年3月)の日射量データを用いて算出しております。●売電電力料金換算は年間推定発電電力量を各電力会社にて2015年4月から新たに太陽光発電システムをご契約された場合の売電価格にもとづき33円/kWh(東京電力、中部電力、関西電力)、35円/kWh(北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力)で算出したものです。なお、この料金には自家消費分は考慮されていませんので実際の売電電力料金とは異なります。(2015年4月現在)●太陽電池容量はJIS規格に基づいて、算出された太陽電池モジュール出力の合計値です。●年間推定発電電力量は、当社MPSシミュレーション値により算出しております。瞬時発電電力は最適条件(真南設置時・設置角度30°)の場合、最大でも次の損失により太陽電池容量の70〜80%程度になります。太陽電池損失/素子温度上昇による損失:4〜5月及び10〜11月…15%、6〜9月…20%、12〜3月…10%。パワーコンディショナ損失:2.0%、その他損失:1.2%(配線・回路ロス)。更に実使用時の出力は日射の強さ・設置条件(方位・角度・影などの周辺環境)、地域差及び温度条件、受光面の汚れによる経年劣化により異なります。例えばPV-MA2300L×20枚の場合、瞬時発電電力は3.2〜3.6kW程度となります。●影、積雪、経年劣化、出力制御による影響は考慮されておりません。

▲ ページトップに戻る